女性が怒ってしまう絶対NGな5つの原因・理由!?

ブログ・Blog

以前から言い続けている事だが、女と男は、根本的に脳の構造から違い、圧倒的に違う部分が多い。
その中には、理不尽な怒り、逆ギレも多いのだが、残念ながら女にそんな理論は通用しない。

男は、理論を持って論理的な考え方をするのに対して、女は、感情的かつ情動的に行動をする。
この違いが、男が女を怒らせてしまう原因の大部分だ。

今回は、男が女を怒らせてしまうポイント5つと、その原因などについての話。

生理中


生理中と言うのは、「ホルモンバランスの乱れ」「体調不良(腹痛・吐き気など)」によって、根本的に女はイライラしている。
そのせいで、理不尽に怒る事も少なく無く、男性サイドが悪くない場合でも、理不尽な怒りに触れて、キレられることも多い。

つまり生理中と言うだけで、女はキレやすく、すぐに怒る。
生理中は不用意に、近づかない方が正直身の為なのだ。

会いたい気持ちもわかるが、理不尽な怒りに触れやすい状況で、わざわざ不用意に近づいて女を怒らせるのは、得策では無い。
生理中の女とは、程よい距離感で、適切な対応、特に生理の事に触れるのはタブー。
それこそが、生理中の女と上手く付き合うコツだ。

・【生理中】の女に起こる現象や、対処法について、詳しい内容はこちらを参照≪不用意に合わない方が良い?女が理不尽になる【生理】!?≫

連絡を放置する


よくある恋愛指南で、『女は焦らせ』なんて言うが、その具体的な焦らし方については、話しているものが少なく、多くの人間が、その焦らし方について、勘違いをしている
その代表的な勘違いが、LINE・メールの焦らし方。

LINE・メールを焦らすと言った時に、焦らし方のわかっていない人間が陥る間違いが、『連絡を絶つ』と言う方法。
これが大きな間違いで、「焦らす」と言うのは、「連絡を全くしない」と言う事では無く、【相手が連絡をする様に仕向けて、余計な連絡をしない】と言う事。

そう、「女の連絡を無視して放置する」事と、「女から連絡が来る様に仕向けて焦らす」と言う事は、全くの別物。
『焦らす』と言う行為は、女の気持ちを引き寄せて、女を落としやすくなるものだが、『放置』と言う行為は、ただ女を怒らせるだけの行為。
つまり、女からの連絡に関しては、ちゃんと返信する必要がある。

『了解』・『OK』・『はい』なんて省略してしまいがちな連絡も、省略して返信しなければ女は怒る。
女は、自分からラリーを止めるのは良いが、相手にラリーを止められると、「無視された」なんて怒り出す。
特に近年のメールから、LINEに連絡手段が、移行した現在では、既読と言う機能が備わった事で、「既読スルー」なんて言葉も出来た。
既読スルーなんてのは、間違いなく女を一発で怒らせてしまう為、絶対にしてはならない。

・【連絡を放置】する事で、女がなぜ怒るのかや、対処法については、詳しくはこちらを参照≪連絡を放置すると女はキレる!?焦らしと放置は別物!!≫

変化に気付かない


女は、普段からネイルだなんだと、お洒落に気を使っている。
「前髪を○○㎜切った」とか、「ネイルを塗りなおした」とか、ものすごく細かい所まで気にしている。
男は、マルチタスクである女性脳の女と違い男性脳(シングルタスク)である為に、前髪を何㎜か切ったなんて、正直普段からよほど気にしていないと、気付く訳が無い。

しかし女は、気にしていなくとも、普通に気付くので、気付いてもらえないと、不機嫌になったり、怒ったりする。
基本的に男性は、シングルタスク脳故に、中々気付けない訳だが、やはりモテる男なんてのは、そう言う細かい部分にも、割としっかりと気付く。
故に気付かない男と言うのは、気付く男と比較されて、更に怒りを買う事になり、評価も下がってしまう事になる。

外見の変化の様な、表面的な変化は、まだ気を付けていれば気付くことも出来るが、外見以上に気付き難いのが、内面的な変化
つまり、気持ちや感情の変化だが、これに気付き難いと、「恋愛感情の薄れ」や、「不機嫌に気付けず怒りを買う」と言う事に直結してしまう。
こう言った部分が、結局、不機嫌・破局の原因やマンネリ・不仲を引き起こす事になってしまう。

また女は、こう言った内面的な微妙な変化にも、気付く事が出来る故に、男の浮気にも気付く。
と言う事は、逆に言うと、男が女の浮気に中々気付けないのも、結局この「内面的な微妙な変化」に気付け無いからであり、内面的な変化に気付け無いと、最悪の場合、女の浮気に気付けずに、女に捨てられる様な事にもなってしまう

・【変化に気付かない】事で、女がなぜ怒るのかや、対処法については、詳しくはこちらを参照≪女性の変化に気付けないと危険信号!?最悪別れるなんて事にも……≫

相談に対して正論で返す


女の相談事の多くは、正直どうでも良いような内容の事が多い。
どうでも良い様な内容が多いと言うのは、相談内容のほとんどは、答えが分かっているからである。
これは、男は理論立てて、論理的に話しをするのに対して、女は「感情的になって、感情で話をする」からである。

男の様に、理論的に落ち着いて考えれば、解決方法や答えはわかる様な事なのに、女は感情的に、その時の感情のまま話しをする為に、男から見るとバカらしい相談の事が多い。
つまり、女は感情で話しをしているから、答えを求めて相談している訳では無く、『共感』を求めて話しをしているので、女の相談に対して、正論で返してしまうと、結果的には、女が怒ってしまう事になる。

理不尽な話しだとは思うが、女は大抵相談をする前に自分の中での答えがあり、『共感』を求めて相談をする為に、自分が思っている答えが返って来なければ、不機嫌になったり、怒ったりしてくる。
これを避ける一番簡単な方法は、女の相談に対しては、【バックトラッキング】と言う、テクニックを使って話しをするのが、一番簡単な方法。
バックトラッキングを使えば、簡単に共感を生み出す事が出来、女の怒りに触れる事も少なくなる。

・【相談に対して正論で返す】事で、女がなぜ怒るのかや、対処法については、詳しくはこちらを参照≪女の相談に真面目に答えるとバカを見る?≫

デリカシーが無い


これは、女が怒る原因のほとんどに共通する要素でもあるが、デリカシーに欠ける男は、様々な面で、女を怒らせる結果となり、女がキレると言う状況をすぐに引き起こす。
デリカシーの無さと言うのは、女相手に限った話しでは無く、人間関係を円滑に回すためにも必要な要素で、デリカシーが無いと言う事は、「気が使え無い・KY(空気が読めない)」と言う事にも繋がる。

女性にとって外見や見た目の問題と言うのは、デリケートな問題で、特にコンプレックスを感じている様な部分の話ともなると、その話題に触れられるだけでも、気分を害してしまう。
気分を害するぐらいで済めば良いが、その話題に触れられるだけでも、気分を害するような内容の話しについて、話題にしてしまったり、弄ってしまったりなんてしてしまうと、デリカシーが無いと思われるのはもちろん、傷つけてしまったり、怒らせてしまう様な事になってしまう。

この他にも、その人を形成する部分で重要な、性格だったり、価値観や感覚を否定するのはその人自身を否定する事にも繋がり、デリカシーに欠ける行動で、もちろん相手が怒るのは当たり前。

女性の前で、他の女の話しをしたり、他の女を臭わせる行動は、失礼極まりない行動で、デリカシーに欠ける行動。
もちろん、こう言った行動は、女だけでは無く、他人を怒らせたり、傷つける行動である為に、女が怒るのは、もちろん当たり前。

『デリカシー』は、人間関係を築く上で、重要な要素で、デリカシーを欠くような行動は、他者の怒りを買い、自分自身の印象も悪くなる。
つまり、人として重要な要素だと言う事だ。

・【デリカシーが無い】事で、女がなぜ怒るのかや、対処法については、詳しくはこちらを参照≪デリカシーの無い男はモテる・モテない以前の問題!?≫


以上の5つの要素が、『女を一発で怒らせてしまう5つの要素』となっている。
あなたは、思い当たる節は無かっただろうか?
もし思い当たる部分があるのであれば、すぐに改善する事を勧める。

この様な要素を持ち合わせている状態では、いくら頑張ったところで、モテるお琴になる事は、正直難しいだろう。
この5つの要素と言うのは、それほどまでに、評価を下げ、女を怒らせてしまう事になる要素なのだ。
この要素たちを残している状態では、どれだけ様々なテクニックを身に着けて、上辺を塗り固めたところで、モテる男になる事は難しいだろう。

極・オタク恋愛秘伝の書

自分の人生なのにいつまでもモブキャラのままで誰にも見向きもされない「このままでいい」そんな諦めから脱却し、本当の自分の人生を歩んでみませんか?
この教材はオタクのために作られたオタク専用恋愛情報です。45日間の新生活で非モテオタクからヤリチン超モテオタクにジョブチェンできます!!

詳しくはこちら
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧