デリカシーの無い男はモテる・モテない以前の問題!?

ブログ・Blog

モテない男に、よく見られる特徴の一つでもあるが、【デリカシーが無い】と言うのは、モテないと言うだけでは無く、人間関係事態上手く行かず、人として人気が出る事が無い。
デリカシーは、人として最低限必要なマナーの一つでもあり、女にモテると言う事の中では、特に重要で必須の要素。

今回は、どういった行動が、『デリカシーが無い』と思われてしまうのかと言う事について、話しをしようと思う。

【女性の外見や体型の事などについて弄る】

これは、正直言うまでもないレベルの事だとは思っているのだが、『女性の外見や体型など』の事については、触れるのも弄るのも基本的には、デリカシーが無いと思われてしまう行為。

これは、女性に限ったことでは無いが、人がコンプレックスに思っている事について触れると言う行為は、デリカシーが無いと思われてしまう。
あなたが、太っていた場合に、「太ってるね」「デブだね」と言われたらどう思うだろうか?そう、それが事実であったとしても、「わざわざそんな事言わなくても…」と思うだろう。
これがデリカシーが無いと感じていると言う事。

特に女性は、こういった問題の場合に、『デリカシーが無い』と感じやすい。
つまり、ちょっとした事でも、女性に『デリカシーの無い男』と思われてしまう事となってしまう。

女性にとってはデリケートな問題である、「生理」はもちろん、その他にも「体型・体重・体臭・口臭・服装・顔・髪型」などこれらは全て、女性がコンプレックスを感じやすいポイントで、不用意にそのことに触れてしまうと、『デリカシーの無さ』へとつながってしまう。
こう言った部分に触れながら、上手く弄る事が出来るのは、モテる男の中でも上級者ぐらいなので、基本的には、褒める場合以外触れない方が無難。

【他の女性の話】

女性と居る時に、他の女の話は基本的には厳禁。
女友達や好きな女性タレント・アイドルの話はもちろん、特に元カノの話なんてのは最悪。

どんな相手であったとしても、デートをしている時に、他の女性の話をするのは、マナー違反でもある上に、デリカシーが無い。
共通して興味のあるタレントやアイドルの話ならば、まだしても良いが、基本的にはNG。

また、彼女や嫁の様なパートナーによくありがちな質問で、「元カノはどんな女だった」と聞いてくる女は多い。
しかし、この質問に対して、真面目に答えて、元カノの話をすると、デリカシーが無いと理不尽な事が起こる。
故に上手くはぐらかすのが良いが、この時に元カノの事を悪く言うと、それはそれで好感が下がるので気を付ける必要がある。

【女性の行動に駄目出し】

どの様な行動を取っていたとしても、女性の行動や発言に対して、『駄目出し』をするのは、基本的にNG。
もちろん、その相手との関係が、これ以上必要無いと思っていて、関係を絶っても良いと思う程の発言・行動に対しての注意は、行っても良い。
しかし、そうでないなら、基本的には、駄目出しは、デリカシーの無さに繋がる。

また、駄目出しの中でも、特にやってはいけないのが、『価値観・考え方・趣味・交友関係』と言った部分の駄目出し。
こう言った部分は、人が自分自身を形成いる中でも大切にしている部分が多く、特に口を出される事を嫌う。
なので、他の部分に比べてやはり、デリカシーが無いと思われたり、最悪の場合、人の気持ちが分からない・人の事が考えられない人間だと思われてしまう様な結果を招く事にもなる。

【他の女性と会う・連絡を取る】

これは、まあ一番デリカシーが無いとなってしまう行動。
パートナーで無い女性の前であったとしても、他の女性と連絡を取っているのは、やはりデリカシーに欠ける行為で、やはり女性を怒らせてしまう行為の一つ。

確かに、「私以外の女の連絡先なんて全部消して」なんてメンヘラ臭MAXの発言は、相手にしていられないが、大抵の女性は、口にしないだけで、本音では思っている。
なので、少なくとも女性と一緒にいる時には、他の女性とは連絡を取らない、パートナーには、気を使わせないようにするのが、デリカシーを持って接する事が出来ているかどうかの分かれ目。

また、多くの女性と会っていること自体が悪いと言う訳では無いが、それを女性の前で口にしてしまうと、それはデリカシーに欠ける。
多くの女性と連絡を取っている状況でも、決してそれを相手に悟られないようにする事が重要。

極・オタク恋愛秘伝の書

自分の人生なのにいつまでもモブキャラのままで誰にも見向きもされない「このままでいい」そんな諦めから脱却し、本当の自分の人生を歩んでみませんか?
この教材はオタクのために作られたオタク専用恋愛情報です。45日間の新生活で非モテオタクからヤリチン超モテオタクにジョブチェンできます!!

詳しくはこちら
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧