浮気をした時の浮気に対する考え方・行動が分かる心理テスト

ブログ・Blog

今回の心理テストは、相手が浮気をした時や、浮気に対しての考え方、浮気をした時の行動などがわかる心理テスト。
相手が浮気している事がわかった時には、この心理テストで、相手がどういった考え方をしているかをチェックする事が出来るので、関係修復が出来るのか?再犯の可能性などチェックしてみてもらいたい。

【心理テスト質問内容】

あなたは今、各駅停車の電車に乗って恋人に会いに恋人の家へと向かってます。
しかし気付くと、降りるはずの駅を行き過ぎてしまっており、乗り過ごしてしまっていました。
その時のあなたの気持ちは?

1.しまった...(青ざめる)

2.恋人に連絡しなきゃ...(面倒...)

3.っま、いっか(ちょっと余裕)

4.寄り道していこう(かなり余裕)

【この心理テストによってわかる事】

この心理テストによってわかる事は、「浮気をしてしまった後の気持ち」がわかってしまう。
恋人に向かってゆっくりと向かって行く、各駅停車の電車は、余裕のある「遊び心のある恋愛」を象徴しており、恋人を通り過ぎてしまった時の反応は、浮気した時の反応が出てしまうので、浮気した時の対応や反応がわかるのだ。

【心理テストの結果】

この心理テストの、各結果は以下の通り。

1.『しまった...(青ざめる)』を選んだ人は、基本的に「一途」なタイプ。
基本的には恋人に対して一途で、他の方へ向いてしまう可能性は低く、浮気のリスクも低め。
しかし、何かの弾みで浮気をしてしまった時には、「どうしよう...」「やってしまった...」となってしまい、血の気が引いて青ざめてしまうような事となってしまい、罪悪感に苛まれて、その罪悪感に押しつぶされてしまう場合も...
もし浮気をしてしまっても、基本的には恋人が一番で、流されてしまっただけの場合が殆どなので、浮気をしてしまったとしても、気持ちは離れておらず、復縁・関係修復出来る確率に関しても高め。

2.『恋人に連絡しなきゃ...(面倒...)』を選んだ人は、「基本的には一途」だが若干浮気の可能性もありと言う状況。
恋人への気持ちもあり、一応恋人にも連絡をしておかなければ、と言う恋人への気持ちも残ってはいるのだが、倦怠期であったり少し欲求不満気味。
寄り道も良いかなと思っているが、基本的には恋人が一番。
満たされていない部分を、浮気で埋めようと考えてしまう様な状況になってしまっているが、基本的には恋人が一番と考えているので、欲求不満にならない様にさえ気を使っていれば、浮気のリスクは低めで、若し浮気をしてしまったとしても、一過性の物なので復縁・関係修復の可能性はそれなりにある。

3.『っま、いっか(ちょっと余裕)』を選んだ人は、乗り換えれば直ぐに着くと考えており、「浮気リスクは高め」のタイプ。
「乗り換えれば直ぐに着く」と言う考え方は、様は「パートナーを乗り換えても、すぐに恋人関係として成り立つ」と考えているので、浮気に対する罪悪感も薄く、浮気が本気にもなりやすい。
本命の恋人に対しての気持ちも、元々薄い可能性が高く、どちらにせよ関係は長続きしない可能性大。
浮気後の復縁・関係修復の可能性は、かなり低め。
一度浮気に走ってしまうと、浮気から本気になってしまい、気持ちが移り変わってしまう場合が殆どなので、一度浮気に走ってしまうと関係の修復・復縁の可能性は薄い。

4.『寄り道していこう(かなり余裕)』を選んだ人は、浮気に対して「完全に開き直る」タイプ。
浮気の可能性はかなり高く、元々恋人に対しての気持ちも薄かった可能性が高い。
浮気に対しての貞操観念も低く、浮気をしたら、浮気も目一杯楽しんでしまうタイプ。
スタートの段階から、浮気では無く本気の場合も多く、浮気に走った段階で、関係は崩壊しており、復縁・関係修復はほぼ不可能。
浮気リスクもかなり高いので、要注意人物。

極・オタク恋愛秘伝の書

自分の人生なのにいつまでもモブキャラのままで誰にも見向きもされない「このままでいい」そんな諦めから脱却し、本当の自分の人生を歩んでみませんか?
この教材はオタクのために作られたオタク専用恋愛情報です。45日間の新生活で非モテオタクからヤリチン超モテオタクにジョブチェンできます!!

詳しくはこちら
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧