キャバクラやガールズバーなどに行く時にベストなお店選びの方法は?

ブログ・Blog

キャバクラや、ガールズバーの様なお店に遊びに行く時に、皆さん悩むのが、お店選びだと思います。
今回は、その各種方法とベストな方法について解説していきます。

お店を選ぶときですが、これにはいくつか方法があります。
1.無料案内所を利用する
2.キャッチを利用する
3.情報誌を見る
4.特定の女の子に直接連絡を取って来店する
5.飛び込みでお店に入る
6.口コミを見る

大きく分けるとこの様になりますが、この中でも3と5の方法は、基本的に情報が少なく失敗しやすいのでNG行為となります。
各方法での攻略法・裏ワザについて詳しく解説していきたいと思います。

・無料案内所を利用する場合

先ずは最初に、無料案内所を利用する場合に理解しておかなければいけないのが、そのシステムです。
無料案内所はその名の通り無料でお店を紹介してもらえる場所となっていますが、お店を無料で紹介していて、どうやって無料案内所は運営をしているのか?
多くの人は、お店にお客さんを紹介したら、お店からバックマージンを貰っていると考えていますが、フリーキャッチなどと違い無料案内所は、月額掲載料をお店側から毎月支払ってもらう事で運営されています。

なので、無料案内所はお客さんが絶対にお店に行ってくれないと困ると言ったことや、値段を下げると取り分が減ると言った事は無いのです。
その為無料案内所では、キャッチに比べてそこまで熱心にお店について話す事も無くまた極端なサービスを受ける事も少ないです。
その代りに、嘘をつかれる事もほとんどなく、料金が明確な為ボッタクリもほとんどありません。
良くも悪くも標準と言うのが無料案内所です。

無料案内所で出来るだけ良いサービスを受ける為には、行きたいお店の業種や値段帯など自分が求めている内容を明確にし、しっかりと無料案内所で伝える事です。
最初から値段交渉などダラダラと決め兼ねている客は、キャッチと違いあまり真面目に相手してもらえない傾向にあります。

・キャッチ利用する場合

この方法は、私が一番おすすめしたい方法で、キャッチと言うのが一番良い条件で入れるからです。
しかし、注意しなくてはいけないのが、キャッチの場合、ぼったくりの場合もあるので見極める事が必要となってきます。
この見極めをする為には、まずキャッチの種類とキャッチのシステムを理解する必要があります。

先ず最初に、キャッチの種類ですが、一口にキャッチとは言っても、実は大きく分けて2種類のキャッチがいるのです。
1つは、お店に勤めているボーイがキャッチをしている場合。
もう1つは、先ほども少し出てきましたが、お店と契約をして、様々な店のキャッチを請け負っているフリーキャッチと、この2種類に分かれます。

この2種類のキャッチのどちらが良いかというと、実はフリーキャッチが一番良いお店を紹介する事が出来るのです。
店舗に勤めているキャッチと言うのは、選択肢が少なく自分の勤めているお店か、良くても系列店舗を進める事しか出来ません。
それに比べて、フリーキャッチと言うのは、自らお店と契約をしているので様々な業種のお店を紹介出来るだけでは無く一つの業種だけでも複数紹介出来るので、こちらの望む条件に一番近い近いお店を紹介してもらう事が出来るのです。

しかし、中にはもちろん悪質なキャッチも居ますので言葉巧みに騙されない様にすることが大切です。

・特定の女の子に直接連絡を取って来店する場合

この方法は、もっとも失敗は少ないのですが、事前準備が必要となります。

近年では、出会い系・マッチングアプリやSNSなどでお客さんを集めている女の子も少なくありません。
探してみると意外と多く存在しているので、アプリ内やSNS内で先ずはコンタクトを試みます。
お店に興味があると言う事を伝えた上で、詳しいお店のシステムなどについて聞き出す事もでき、また事前に多少コミュニケーションを取れるので、来店時に0からスタートしなくてよいという分だけ時間を有効に使えます。
女の子がアップしている画像などでビジュアルも確認できるので、失敗する可能性は格段に下がります。

・口コミサイトなどで口コミを確認して来店する場合

この方法は有効的と思われがちですが、実際の所はそうでもありません。
近年では、口コミ情報サイトなどが発展した為に、水商売に限らず、お店側内部の人間が書き込みを行って情報を操作するなんて言う事は当たり前の様に行われています。
「このお店良い評価ばっかりだし良いお店だろう」なんて思い来店してみたら内情は酷いお店だったなんて事は経験ないでしょうか?

良い評価しかなく批判のないお店というのは、基本的に口コミが殆ど書き込まれることが無く、お店側のサクラによる評価ばかりの場合が多いです。
人は、来店して満足した場合よりも、満足出来ず納得いかなかった場合の方が、そのモヤモヤした気持ちを誰かに伝えて発散したい為に書き込む事が多く、良かった時の方が満足して口コミ評価に書き込みにくいものです。
良いお店であったとしても、評価は半分づつぐらいの割合である事が多く、評価がどちらかに極端に、どちらかへ偏っているお店は要注意なのです。

では口コミ情報では何を基準にすればいいのかと言うと、良い情報よりも悪い情報を元にお店選びをするのがベストです。
お店側が、悪い情報を書き込む事は殆どありませんので、悪い情報ほど口コミ情報として信憑性が高いのです。
口コミ情報サイトを利用して来店する際は、「こんなお店に行きたい」では無く、「こんなお店には行きたくない」という事を基準にお店選びをすると言うのが秘訣です。

また、全てのパターンにおいて、お店を選ぶ際に重要なのは、あなたがなにを求めてどのようなお店を探しているのかと言う事を明確にする必要があります。
求めているお店の内容自体がふわっとしてしまっていては、良いお店に出会ったとしても、あなたの求めているものが何かお店側も分からず、思っていたものと違った方向のサービスを受ける事になってしまったりします。
自分の求める条件・内容は明確にすることが大切です。

極・オタク恋愛秘伝の書

自分の人生なのにいつまでもモブキャラのままで誰にも見向きもされない「このままでいい」そんな諦めから脱却し、本当の自分の人生を歩んでみませんか?
この教材はオタクのために作られたオタク専用恋愛情報です。45日間の新生活で非モテオタクからヤリチン超モテオタクにジョブチェンできます!!

詳しくはこちら
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧