女性と会話する時に価値観を押し付けない為には?

ブログ・Blog

今回は、≪女性に嫌がられてしまう価値観の押し付け?≫でもお話した、価値観の押し付けについて、価値観を押し付けてしまわない為に、どうしたらよいかについてお話していきたいと思います。

≪女性に嫌がられてしまう価値観の押し付け?≫でも少しお話をしましたが、基本的には、否定形で話をすると、「価値観を押し付ける」事になってしまう事が、ほとんどです。
他人と会話する時には、否定形の話方をしないと言うのは、価値観を押し付けない為の、基本です。
先ずは、他人と会話する時に、肯定型の話方をする事を心がけましょう。

肯定形で話をすると言う事は、相手の話を、肯定する話方をすると言う事です。
相手の話に対して「こうだよ」と言うのではなく、「そうかこうだと思っていたけどそうなんだ」と言う様に、相手の話を肯定する話方をするのです。
まずは、相手の話を受け入れて、肯定するところから始めなければ、自分の話を聞いてもらう事など出来ないのです。

相手の話や価値観を、まず肯定して受け入れる事もせずに、自分の話や価値観だけを話す、否定型の話方は、それこそ価値観の押し付けになるのですが、相手の話を受け入れているようで、受け入れていない、自分の話ばかりをするのもまた、価値観押し付けなのです。
相手に全てを合わせる必要は無いのですが、これはまた相手にも言える事で、たとえパートナーであったとしても、あなたに全て合わせる必要は、相手にも無いのです。

では、自分の話や価値観を理解して、共感してもらう為には、一体どうすれば良いのか、それは、先ず自分が空いてを受け入れると言う事が大切なのです。
その必要が無い人間に、何かを受け入れてもらう為には、まずは自分が先に受け入れる必要があります。
自分を受け入れてもらえない相手の事を、受け入れようとは、人間中々思えないものです。
なので、先ずは、自分が相手の事を受け入れ、それから自分の事を受け入れてもらおうとする事が大切です。

しかし、ここで間違ってはいけないのが、相手の事を受け入れたから、「相手にも自分を受け入れてもらうのは当たり前」と言うのは、大きな間違いです。
相手に自分を受け入れてもらう為に、相手を受け入れると言うのは、相手に自分の話する為の最低条件であって、「お前の事を受け入れたんだから、俺の事も受け入れてよ」なんて言うのは、それこそ「価値観の押し付け」というもの。
あなたの話を聞いた上で、その価値観を受け入れるかどうかなんて言うのは、相手が決める事です。
受け入れてもらう為には、受け入れて貰える様に話す事と、その為の努力があってこそのものです。
相手に何かを求めて、それを強要すると言う行為自体が、価値観の押し付けなのです。

自分の価値観を相手に押し付けない為には、相手に合せて、相手の事を思い、考えて話す事がコツです。
そうやって、相手が自分の事を、理解しようと思うようにする事で、相手も自分の話を受け入れてくれる様になって行きます。
その中で、相手の話を受け入れて、肯定しながらも自分の話もする事で、相手に、「価値観を押し付けている」と感じさせずに、自分の価値観を、理解してもらう為の話が出来ます。

価値観を押し付けない為には、自分の事だけでは無く、相手の事を考える事が必要で、他人の事を考える事が出来ず、思いやりの無い人間が、価値観を押し付けている人なのです。
あなたはどうでしょうか?自分の事ばかりでは無く、相手の立場になって考えられていますか?
相手の気持ちになって考え、それを自分に置き換えてみれば、相手にどういえば上手くつたえられるか、と言う事が分かってきます。
価値観の押し付けにならない様にするには、自分がそうされた時にどう思うかと、置き換えて考え、相手を思いやる事が大切です。

極・オタク恋愛秘伝の書

自分の人生なのにいつまでもモブキャラのままで誰にも見向きもされない「このままでいい」そんな諦めから脱却し、本当の自分の人生を歩んでみませんか?
この教材はオタクのために作られたオタク専用恋愛情報です。45日間の新生活で非モテオタクからヤリチン超モテオタクにジョブチェンできます!!

詳しくはこちら
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧