愛情が深い事とストーカー行為は紙一重!?

ブログ・Blog

今回も、お問い合わせ頂くご相談の「彼女と別れたいと言われてしまい、別れたくないと言っていると、ストーカーだと言われたのですがどうすれば良いでしょう?」と言うご相談を受けます。
私自身この問題に関しては、過去には悩んだ事もあり、今でも思う所がありますが、今回は、どこまでが愛情が深く、どこからがストーカーとなってしまうのか、についてや、こういった場面で一体どうすれば良いかについて、お話していきたいと思います。

まず前提として、≪別れを告げられた時によりを戻す方法!≫でもお話をしましたが、彼女に別れを告げられてしまった時に、深追いすること自体NG行為で、私の経験上気持ちが無くなってしまった女性に、執拗にアプローチを掛けると、かなりの高確率で、「付き合っている時は、あんなに良い人だったのに、ストーカーになってしまった」「良い人だと思っていたけど、危ない人だった…」と言われてしまう事になります。
基本的に、女性の方から別れを切り出してきている時点で、復縁の可能性はかなり低いのです。
これは、男性と違い、女性は、恋愛に対しての切り替えも早く、男性の様にダラダラと悩みません。
過ぎた事は、過ぎた事として切り替えてしまうので、男性側が何を言ったところで、ほとんど響かないのです。

≪別れを告げられた時によりを戻す方法!≫でもお話している様に、女性にもう一度振り向いてもらう為には、関係性の有益さを伝えたり、あなたがどれだけ相手の事を好きかと言う話では無く、相手の女性が、あなたの事が気になって仕方無いとなる様に、仕向けるしかないのです。
ここで、執拗に何かを伝えようとしたところで、「しつこい」「女々しい」「危ない」「ストーカー」などの印象を与えてしまうだけなのです。

この時点では、いわゆるストーカーには、まだなっていない訳ですが、このアプローチが女性に響かず、悪い方向へ向いて行ってしまった時に、「後をつける」「電話を掛け続ける」と言った様な、ストーカー行為へと張ってしていくのです。
こうなってしまうと、法律的にもれっきとしたストーカーになってしまいますが、本人には、「俺は元彼だからそんな事は無い」と言った様な、自分に都合の良い解釈をしてしまい、結果的に自覚が無くいき過ぎてしまい、名実ともにストーカーとなってしまうのです。

ではどこまでは、ストーカーでは無く、どこまで行ってしまうとストーカーなのか?これは、法律的にもかなり曖昧な部分ですが、基本的には、女性が嫌だと感じてしまったり、恐怖を覚えるようになってしまうと、基本的には、全てストーカーになってしまいます。
しかし、元恋愛関係からのストーカー事件の多くは、行動自体は、交際期間と特に変わってはいない事がほとんどなのです。

男性が行っている行為が、交際時と変わらないにも関わらず、恋愛関係が解消されたり、女性の気持ちが離れてしまうと、何故ストーカーへと変貌してしまうのでしょうか?
それは、交際している時は、彼女の事を考えて、様々ことをしている事が、女性も嬉しいと感じているのですが、気持ちが離れてしまうと、その男性と関わり合いたくないと、女性が思いだしてしまうので、何をされても、基本的には、関わり合いたくないので、嬉しく無いのです。
その状況下で、今まで通りの行動をしていると、既に他人とすら感じている、女性からすると、彼氏面したその行動は、全て不満でしかなく、その怒りや不満が、男性をストーカーと言う認識に変えてしまうのです。

これは、女性が随分と自分勝手な気もしますが、それは、男性に全く非が無い場合のみです。
彼女の気持ちが、離れてしまう様なことになってしまった事自体に、男性が不甲斐なかった事をまず反省しましょう。
彼女が振り向いてくれる様に、精進していれば、復縁の可能性があれば、チャンスはまた巡ってきます。
しかし、私の経験上、多くの人は、自分を磨いている間に、自分自身が、成長した事で、今よりいい出会いを見つけて、「何故あんなに執着していたんだろう」と言い出します。
ストーカーとは、基本的に女性の気持ちが境界線と言う事を、忘れずに行動してください。

神崎雫 超恋愛塾 ~Euphoria brainwashing~

元ホストクラブオーナー神崎雫が、自身の実体験を元に生身の女性を使って様々な実験を繰り返し、
恋愛心理学、行動心理学を学び、2年の歳月をかけて完成させた「ユーフォリア ブレインウォッシュ」
90日後にはあなたも狙った女性を、いつでも好きなだけ落とすことができるでしょう!

詳しくはこちら
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧