女性とお酒を飲むデートをする時のマナー・注意点!?

ブログ・Blog

女性とデートを重ねていると、お酒が好きな女性でなくとも、お酒を飲む様なデートを好き甲斐も出てきます。
お酒を飲む様なデートは、メリットも多いですが、その反面デメリットとなってくる部分も多いのです。
女性とお酒を飲む様な場合、そのメリットとデメリットをしっかりと理解していないと、大きな悪印象を与えてしまい、恋愛対象どころか、あまり関わり合いたくないとまで思わせてしまいかねません。
今回は、そんな女性とお酒を飲むときに、気を付けないといけない事などの、メリット・デメリットについてお話したいと思います。

女性とお酒を飲むと言う状況では、適度なお酒によって、緊張や警戒心を緩和し、気分も高揚させてくれるので、会話も弾みやすくなると言うメリットがあります。
しかしその反面、飲みすぎると酔っぱらってしまい、自分でも思わぬ行動をしてしまったり、お酒に呑まれてしまい泥酔などしてしまっては、「だらしない」「酒癖が悪い」という様な、悪印象を与えてしまう様なデメリットもあります。
まずは特性を理解し、上手にお酒を飲む事が大切になります。

デートで、女性とお酒を飲む場合、相手の女性からアルコール類に手を付けているのであれば問題ありませんが、お酒を飲んでいない女性に、アルコール類のドリンクを勧めると、「酔わせて何かしようとしているのでは?」と思わせてしまい、警戒心を高めて、警戒されてしまうこともあります。
無理にお酒を勧めるという事は絶対にNGです。
もし女性にお酒を勧めたい時には、「乾杯だけしようよ」など、お酒を直接的に進める様な言葉を避けた方が良いでしょう。

また男性は、お酒の場での失敗や酔っぱらってしまっていても「お酒の場だし仕方ない」という人も少なくありませんが、「お酒の場だから無礼講で」なんてのは基本的に男性にしか通用しません。
女性は、お酒を飲んでいる様な場面だからこそ、しっかりとスマートに立ち振る舞える男性に心を惹かれるものです。
女性にモテる為には、いついかなる場面であったとしても、自我を忘れず理性を失わない事が必要となります。
お酒を飲んでいるからこそ、人を介抱出来るぐらいに理性を保つ必要があります。

お酒に呑まれている様では、普段どんなにスマートに振る舞っていたとしても、女性からは「お酒を飲むとこんな風になってしまうんだ。酒癖が悪くて意外とだらしないんだな」という印象を持たれてしまう原因となってしまいます。
酒癖が悪いと言うのは、女性からすると大きなマイナス要素となり、どれだけ良い印象を積み上げていても、それだけで全てが無駄になってなってしまう事もある程です。

またお酒を飲んで酔ってくると、自分の周りが汚くなってくる人が多いですが、これもNG行為。
居酒屋やBARなどでも、自分の座っているテーブルの周りが、食べこぼし・たばこの灰・結露したグラスの水滴などで汚くなっている事が多いですが、女性は意外とこういう細かいところを見ていたりします。
お酒を飲んでいる時だけでは無いですが、こういったところには気を付けましょう。

特にキャバ嬢や水商売の女の子は、こういう所を職業柄凄く気にしていてよく見ています。
アフターや同伴の時だけでは無く、キャバクラで遊んでいる時も、気を付けた方がいいです。

お酒を飲んで酔ってくると、どうしてもこういったところが、疎かになってしまいますが、お酒を飲んでいる様な時だからこそ、普段以上にこういったところに気を付けて、普段以上に礼儀やマナーを大切にする必要がありますね。
それができなければ、お酒を飲むとだらしないと思われてしまう結果となってしまいます。

極・オタク恋愛秘伝の書

自分の人生なのにいつまでもモブキャラのままで誰にも見向きもされない「このままでいい」そんな諦めから脱却し、本当の自分の人生を歩んでみませんか?
この教材はオタクのために作られたオタク専用恋愛情報です。45日間の新生活で非モテオタクからヤリチン超モテオタクにジョブチェンできます!!

詳しくはこちら
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧