早漏は日々のオナニーの改善によって克服できる!?

ブログ・Blog

何度も言うようだが、日本は2人に1人が『早漏』と言われている程に、早漏大国である。
それ故に、早漏で悩んでいる人間は多いが、正直そんなに悩む程の事では無い。
それは、早漏は、日々のオナニーの改善でも克服できる。

早漏は、真性包茎の様に、手術をしなければならない様なものでは無く、多くの原因は感覚的問題なので、日々のオナニーを改善するだけで克服する事ができる。

今回は、間違った射精習慣や、早漏克服のオナニーの方法について話そう。

【オナニーは早漏の原因にもなるがトレーニングにもなる?】

かつては、「オナニーのし過ぎは早漏の原因」と言われてきたが、実は、単純にオナニーをしたから早漏になるというものでは無い。
オナニーそのものでは無く、オナニーの仕方に早漏の原因があるのだ。

所謂「皮オナニー」と言われるオナニーの仕方なのだが、多くの人が行っている、一般的な、ただ竿を握って擦るだけのオナニーなのだが、仮性包茎や包茎の人が、これに当たる。
皮オナニーとSEXでは、刺激が異なるために、普段から皮オナニーをしていて、SEX時の刺激耐性が無い為に、挿入時(ピストン時)の刺激に耐える事が出来ず、すぐに射精してしまう。

更には、当たり前の話ではあるのだが、オナニーは、単純に射精をする事を目的としている為に、射精を我慢するという事がなく、間違った射精習慣が身に付いてしまい、結果的に射精を耐えるという事が出来なくなる原因となる。

しかし、逆を返せばこれらの、早漏となる原因を省いてやれば、オナニーほど1人で出来る環境での実践的トレーニングは無い。
正しい習慣で、オナニーをすれば、早漏の原因どころか、しっかりと射精管理をする事も出来るようになる。

【射精する為だけのオナニーは早漏の原因?】

前項でも言ったが、ただ射精をする事を目的に行われるオナニーは、単純に射精をする事しか考えていないので、射精を我慢(耐える)と言う事なく、ただ快楽に任せて、射精をするので、気持ちよさを感じると、すぐに言ってしまう『間違った射精習慣』が身に付いてしまう。
こういった、間違った射精習慣が身に付いてしまう事で、いざSEXに望んだ時に、気持ち良さを我慢出来ずに、いつもの様に直ぐに射精してしまうので、これが早漏となってしまう原因となる。

つまり、快楽に任せて射精をするオナニーを続けると、射精を我慢する事が出来ない習慣が身に付いてしまう。
「もうこれ以上、腰を降ったらイッてしまう」とわかっていても、腰を止める・ピストンを緩めると言う事が出来なくなってしまうのだ。
これによって、SEX中の優先順位が、射精することが一番になってしまい、自分が気持ちの良いようにしか動けず、結果としては、自分の本来保つはずである耐久時間を削って、早漏と言われる様な時間で、発射してしまう様になる。

これを改善する為には、この間違ったオナニーの習慣を改善する事がまず第一である。
間違った習慣を改善する事で、早漏の原因を排除し、射精管理が出来る様になるので、また同時に早漏改善のトレーニングにもなる。

【早漏の原因を作らないオナニー方法とは?】

早漏の原因作らないオナニーとは、要は射精のみを目的にしたオナニーを行わないと言う事。
つまり、イキそうになったら、イカない様に緩めるなどのコントロールをしながらオナニーをする。
イキたい時にイクのでは無く、行きたい感情を抑えてコントロールする事で、正しい射精管理が身につくのだ。

欲望に任せた射精を続けていると、快感に対して敏感に反応し、直ぐ射精してしまう様になってしまい、自らの意図しないタイミングで射精してしまったり、早漏と言う結果につながってしまう。
普段からするオナニーの中でも、時間にも気を付けながら、射精を我慢すると言った事が重要となって来る。

この時に、効果的なオナニーの方法としては、

極・オタク恋愛秘伝の書

自分の人生なのにいつまでもモブキャラのままで誰にも見向きもされない「このままでいい」そんな諦めから脱却し、本当の自分の人生を歩んでみませんか?
この教材はオタクのために作られたオタク専用恋愛情報です。45日間の新生活で非モテオタクからヤリチン超モテオタクにジョブチェンできます!!

詳しくはこちら
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧