遠距離恋愛が長続きしない理由は物理的距離が原因!?

ブログ・Blog

遠距離恋愛は、長続きしないと言うが、その原因は何なのか?
もちろん、遠距離恋愛が長続きし難いのにも心理的原因はある。

大前提として、遠距離恋愛というのは長続きし難い。
その上で、出来るだけ遠距離恋愛を続ける為に、知っておいた方が良い、人間の心理について、心理学を踏まえて説明して行こう。

【遠距離恋愛が続かないとボッサードの法則が証明している!?】

かつて、アメリカの心理学者だった、「ボッサード」が、現在婚約中の男女5000組を対象に調査すると、「33%以上が半径5ブロック以内に住んでおり、また距離が離れれば離れるほど、その距離に応じて結婚まで辿り着く確率が下がっている」と言う事がわかった。
これによって、ボッサードは、『男女間では、物理的距離が、心理的距離にも比例する』と発見した。
この法則を心理学では、【ボッサードの法則】という。

このボッサードの法則からも分かるように、遠距離恋愛の様に物理的距離が離れると、その分、心理的距離も離れてしまう為に、遠距離恋愛は、継続が難しく、成就しにくい訳だ。
これは、遠距離恋愛にのみ言える事では無く、普段恋人と接している時の、物理的距離も心理的距離に比例する。
モテない男には多いが、女性慣れしていないので、女性との距離が近づいた時に、女性は何も気にしていないのに、過剰に反応して距離をとってしまう。
これは、この距離を取った分だけ、心理的な距離も広がってしまう。

逆に、このボッサードの法則は、物理的距離と心理的距離が比例すると言うものなので、逆の場合も、もちろん影響がある。
心理的距離が縮まっていない人間を、不用意に近づける人はいない。
パーソナルスペースに入れると言うのは、つまりそれだけ心理的距離が縮まっていると言う事。
逆を言えば、相手の女性に嫌悪感を持たす事無く、上手くパーソナルスペースに入り込み、物理的距離を縮める事が出来れば、それだけ心理的距離を縮める事が出来る。

酷な話だが、心理学的見解の話をするのであれば、「自立した社会人において、遠距離恋愛を解消できないというのは、心理的距離がその距離である」と言うことの証明となるという見解の研究結果もある。
感情的で衝動的な行動は、恋愛においては、ほとんどの場合いい方向に働かないことが多いので、お勧めは出来ないが、心理的距離が近く、物理的距離に耐え切れないカップルは、衝動的・感情的に、物理的距離を解消してしまう。
これを解消出来ないパートナーであるならば、先は短いかもしれない。
小難しく言ったが、要はわかりやすく言うと、「自立した社会人の場合、結婚する・考えるほどまでに心理的距離が縮まっている場合、遠距離恋愛という手を取らずとも、同棲・結婚という手を取る」と言う事で、「同棲・結婚と言う手を取れない心理的距離では、どちらにせよ遠距離恋愛を耐えれず、成就できない可能性のが高い」と言う事。

【ボッサードの法則で遠距離恋愛が難しいのには、社会的交換理論が関係している!?】

ボッサードの法則で、物理的距離が広がった時に心理的距離も広がるのには、【社会的交換理論】と言うものが深く関係している。

この、社会的交換理論と言うのは、アメリカの社会学者である、「ジョージ・キャスパー・ホーマンズ」が提唱した社会学で、「対人関係と言うのは、損得勘定のもと成り立っている」と言う理論。
一般的には、「損得勘定抜きの関係が美徳」されているが、社会的交換理論とは、それを真っ向から否定し証明した理論だ。

こう言ってしまうと、聞こえが悪いが、社会的交換理論では、「精神的な報酬」つまり「連れ添う事によって得る≪幸福感≫や、子供から得る≪安堵感≫の様な、与えられるものではなく、こちらが一方的に得ている精神的な報酬も含めた上で、対人関係は損得勘定のもと成り立っている」と言う理論。
つまり、社会的交換理論では、「家族間や夫婦間においても、連れ添っている事で得る、≪癒し≫≪幸福感≫などの精神的に得ているものがあり、その損得勘定によって成り立っている」と言うもの。

この社会的交換理論が何故、ボッサードの法則に関係があるのかと言うと、「人は恋愛関係であっても、損得勘定が働き、その損得勘定のもと対人関係が成り立っている」からだ。
要は、「恋人に会いに行く」と言うのが「過程」で、その先に、「恋人と会った」と言う事によって生まれる、「報酬」があるわけだが、ここに恋愛間における損得勘定が働き、≪『報酬』-『過程』=『利益』≫と言う考えになる。
この時に、遠距離恋愛となって、距離が遠くなればなる程に、「過程」の部分が大きくなる。
これもまた人の心理だが、過程にかかる労力が大きくなればなるほど、結果も大きく求めてしまう。
しかし、恋愛において、遠距離恋愛で距離が離れて、「過程」が大きくなったとしても、実際に得る報酬と言うのは、ほぼ変化しない。
つまり、『遠距離恋愛で、距離が離れれば離れるほど、「過程」は大きくなるのに、「報酬」は変わらず、「利益」の部分が少なくなってしまう、もしくは、利益がなくなって「損失」になってしまう為に、「恋愛関係」と言う対人関係が崩れてしまう』
これが、社会的交換理論によって、ボッサードの法則が成り立ってしまい、遠距離恋愛が難しい原因だ。

最初の内は、離れた恋人に会いに行く「過程」の労力が少なかったものの、時間と共に「過程」に掛かる労力が大きくなり、「利益」が「損失」に変わって行き、心理的距離が広がる原因となり、恋愛関係と言う対人関係が崩れてしまう。
これを踏まえると、遠距離恋愛を出来るだけ長続きさせる為に重要な事は、この「過程」の部分の労力をどこまで軽減出来るかと言う事に掛かってくる。

しかし、これが実際一番難しいので、やはり私は、遠距離恋愛はお勧めしない。
いま遠距離恋愛をしているあなたは、「遠距離恋愛でも本当にその女性しかいないのか?」と、もう一度考えてみて欲しい。
もし少しでも悩む様であれば、次の相手を考える方が無難だろう。
少しも悩む事が無く、他の女性に目移りする事も無かったのであれば、今すぐにでも、物理的距離を縮める事をお勧めする。

極・オタク恋愛秘伝の書

自分の人生なのにいつまでもモブキャラのままで誰にも見向きもされない「このままでいい」そんな諦めから脱却し、本当の自分の人生を歩んでみませんか?
この教材はオタクのために作られたオタク専用恋愛情報です。45日間の新生活で非モテオタクからヤリチン超モテオタクにジョブチェンできます!!

詳しくはこちら
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧