究極の惚れ薬!?女を口説く時にはPEA(フェニルエチルアミン)!!

ブログ・Blog

前回も話した【PEA(フェニルエチルアミン)】は、≪不倫は楽しい?浮気相手とのSEXは通常の10倍興奮して気持ち良い!!≫でも話したが、強力な脳内麻薬系のホルモンで、人の恋愛感情と密接な関係のあるホルモン。
つまり、このホルモンを上手く使えば、女を落とすなんて、なんて事はなくなる、そんな魔法のような天然の惚れ薬が、このPEA(フェニルエチルアミン)なのだ。

今回は、そんなPEA(フェニルエチルアミン)についての話し。

【PEA(フェニルエチルアミン)とは?】

前回もこの、【PEA(フェニルエチルアミン)】については、説明をしたが一応、改めて説明をして行こう。
PEA(フェニルエチルアミン)とは、「ドーパミン」・「アドレナリン」・「ノルアドレナリン」・「βエンドルフィン」・「
セロトニン」などと同じく、感情の動きなどに大きく作用する、脳内麻薬系ホルモンの1つ。
SEXの快楽にも関係するが、中でも恋愛感情に大きく関係している、っと言うより恋愛感情そのものと言っても過言ではないホルモン。

PEA(フェニルエチルアミン)は、恋愛の『高揚感やドキドキ』は、このPEA(フェニルエチルアミン)の分泌によるもので、PEA(フェニルエチルアミン)は、恋愛初期に分泌され、時間と共に分泌量が減って行く。
PEA(フェニルエチルアミン)には、「βエンドルフィン」を抑制する効果があり、これによって、恋愛初期から、恋愛後期への感情の変化が現れる。
また『不安』を感じた時などに、多く分泌されるホルモンでもある。

恋をした時に分泌されるホルモンだと思われるが、実際は恋をした時にPEA(フェニルエチルアミン)が分泌される訳では無く、『PEA(フェニルエチルアミン)が分泌されるから、恋だと感じる』のだ。
マウスを使った実験では、「雌のマウスにPEA(フェニルエチルアミン)を投与したところ、全く興味を示さなかった雄と交尾をし始めた」と言う実験結果がある。

【PEA(フェニルエチルアミン)=恋心は恋愛の真理!】

もう何度も説明しているので、わかると思うが、【PEA(フェニルエチルアミン)=恋心】と言う訳だ。
つまりは、いかなる状況であったとしても、PEA(フェニルエチルアミン)を与えてやれば、人は恋心を抱き、どんな女でも簡単に落とす事が出来る。

しかし、人の脳にPEA(フェニルエチルアミン)を分泌させる事は、流石に簡単な事では無い。
PEA(フェニルエチルアミン)は、不安などを感じた時に、多く分泌される性質があるので、『吊り橋効果』を得れる様な状況に持ち込めば、分泌されやすい。

つまり、「絶叫系アトラクション」・「お化け屋敷」・「高所」などの、不安を感じやすい状況に持ち込めば良い。
不安を感じやすい状況であれば、恋心を感じやすいと言う、吊り橋効果は、心理学的には、実はあまり確立出来ていないのだが、脳科学的な面からみれば、不安を感じる状況で、上手くPEA(フェニルエチルアミン)を分泌させられれば、効果があると言える。

だが、吊り橋効果は、逆効果になる事も多いので気を付けなければいけない訳だが、これは相手に与える不安が小さい為に、PEA(フェニルエチルアミン)の分泌が少ない為に起こる現象だろう。
この様な点から言えば、「吊り橋効果」よりも、【ストックホルム症候群】のようなものの方が、よりPEA(フェニルエチルアミン)を分泌させるので、女を口説く時には、ストックホルム症候群などのが、確実性は上がる。

【分泌するだけではないPEA(フェニルエチルアミン)!?】

PEA(フェニルエチルアミン)は、脳内麻薬系のホルモンなので、分泌させるしかないと思ってはいないだろうか?
実は、そんな事は無く、PEA(フェニルエチルアミン)は、様々な「食べ物」や「飲み物」の分子構造の中にも含まれているものがあるのだ。

「吊り橋効果」や「ストックホルム症候群」を使って、PEA(フェニルエチルアミン)を分泌させるには、多少テクニックも必要になってくる。
しかし、食事の中で、相手にPEA(フェニルエチルアミン)を与える事が出来れば、極端な事を言ってしまえば、食事に誘えればもう落としたも同然なのだ。

とは言ったものの、実際には、食事から取り入れられるPEA(フェニルエチルアミン)はわずかで、それだけでは、恋心そのもの感じさせるのは流石に難しい。
しかし、女を口説く時の、サポートとしては確実に効果を表わす。

もちろん、PEA(フェニルエチルアミン)を取り入れているから、多少は恋心を感じるので、確実に口説きやすくはなる。
純粋なPEA(フェニルエチルアミン)の様に、「惚れ薬」とまでは行かないが、「恋心促進剤」ぐらいにはなる。

「チョコレート」・「ワイン(特に赤ワイン)」・「チーズ」などに多く含まれていて、中でも、チーズにはチョコレートの10倍ものPEA(フェニルエチルアミン)が含まれている。
デートの時は、BARでお洒落にワインとチーズと言うのは、雰囲気の問題だけでは無く、女を口説くには、最高の組み合わせなのだ。
食事も、イタリアンであればチーズを使ったものも多く、ワインを飲みながらであれば、簡単に女を口説きやすくなる。
お洒落なデートは、気取っているだけでは無く、実に理に適ったデート方法なのだ。
天然の惚れ薬を使わない手は無いので、女を口説く時には、PEA(フェニルエチルアミン)を、出来るだけ利用する事を念頭に置いて、プランを考えた方が、賢いだろう。

極・オタク恋愛秘伝の書

自分の人生なのにいつまでもモブキャラのままで誰にも見向きもされない「このままでいい」そんな諦めから脱却し、本当の自分の人生を歩んでみませんか?
この教材はオタクのために作られたオタク専用恋愛情報です。45日間の新生活で非モテオタクからヤリチン超モテオタクにジョブチェンできます!!

詳しくはこちら
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧