食事は最高の交渉場!?頼み事は食事をしながらが効果的!!

ブログ・Blog

好きな女性や、好意を寄せている女性、また彼女などに対して、何かお願い事や、頼みごとをする時に、言いにくいと思おう人は多いだろう。
言い出しにくい原因は、大抵要求を跳ね除けられたショックと、その後の空気の重たさが原因。

しかし、心理学のテクニックに、【ランチョン・テクニック】と言う、交渉テクニックがある。
これは、「食事をしながら交渉をすると、通常よりも要求が通り易い」と言うものだ。
このランチョン・テクニックを使えば、要求が通る可能性も上がり、断られたときに空気の悪さも軽減することが出来る。

このランチョン・テクニックは、企業が接待などでも使っている交渉テクニックで、強力な心理テクニックの一つ。
今回は、そんな交渉テクニックの、【ランチョン・テクニック】についての話をしよう。

【心理テクニック『ランチョン・テクニック』とは?】

冒頭でも軽く説明したが、心理学の交渉テクニックの一つに、【ランチョン・テクニック】と言うものがある。
これは、アメリカの「グレゴリー・ラズラン」と言う心理学者が、提唱し研究・実験の結果、明らかとなった心理テクニック。

グレゴリー・ラズランは、「自身の政治的意見を食事をしながら説明していく」と言う実験を、多くの被験者に対して行った。
すると、食事をしながら説明する前と比べて、食事をしながら説明を行った後では、多くの被験者が、彼の政治的意見に対して興味を持っていたり、好意的な意見へと変わっていた。
しかし、同じ実験を、嫌悪感を感じる様な、異臭のする部屋で行った際には、彼の政治的意見に対して否定をしていたり、反対意見を持っていたりする被験者が多く見られた。

この実験によって、『人は、食事をしながらだと、食事に対する印象を、錯覚によって共有して、食事している相手にも同じ様な印象を受ける』と言う事がわかった。
つまり、『おいしい食事をしながらだと、こちらの要求に対しても、好印象を持って貰い易く、交渉が上手く行き易い』と言う事だ。
しかし、逆を言うと、『食事が不味かったり、環境が悪ければ、交渉は決裂しやすい』と言う注意しなければいけない部分があるのも、この【ランチョン・テクニック】と言うものだ。

【ランチョン・テクニックを使えば次のデートの約束は簡単!?】

意中の女性をデートに誘い、デートしている時に、次のデートに誘いたい時、どのタイミングで次のデートに誘うだろうか。
大抵の人間は、別れ際や、もしくは別れた後に、次のデートへと誘ったりする。
しかし、これは大きな間違いである。

ランチョン・テクニックについて説明をしたが、それを読んでくれている人には、もうわかっていると思うが、次のデートに誘いたいと思っているのなら、食事中に誘うのがベストだ。
食事中であれば、ランチョン・テクニックが働き、デートの誘いを受け入れて貰い易くなる。
更には、デート中盤・終盤に次のデートに誘う事で、『ゼイガルニク効果』も働き、次のデートにより繋がり易くなる。

逆に言えば、ゼイガルニク効果的に見ても、別れ際や別れた後にデートに誘うというのは、デートの途中に誘うのに比べて、次のデートに誘える可能性が下がり、次のデートにも繋げにくく、次の展開へと発展させにくくもなってしまう。
つまり、『ランチョン・テクニック』・『ゼイガルニク効果』の両面から見ても、食事中のが良い。

【同じ交渉テクニックでも合わせると逆効果!?】

以前にも紹介したが、ランチョン・テクニックと同じく、心理的交渉テクニックに「ドア・イン・ザ・フェイス」と言うテクニックがあるが、実はこの二つは、合わせて使ってはいけない、要注意の心理的交渉テクニックなのだ。

一見、合わせて使えば、更に要求を受け入れて貰える様に思うこの二つの交渉テクニックだが、実は組み合わせると危険。
とある研究の実験では、「ランチョン・テクニックを使った交渉時に、ドア・イン・ザ・フェイステクニックを使うと、要求を受け入れて貰える確率が半減した」と言う結果が出ている。
心理的交渉テクニックを合わせて使う事で、一見その交渉の成功率が上がる様な気もするが、心理的テクニックは、心理学を基にしたテクニックなので、人間のどの部分の心理を利用しているかが異なり、基となる心理的要因が異なれば、相性悪く、相乗効果どころか、効果を半減どころか、下手をすれば、逆効果となる場合もある。
知識も無く、安易に心理的テクニックを掛け合わせてはいけないと、肝に銘じておいて欲しい。

【普段から使えるランチョン・テクニック!】

すでに彼女・妻がいる人などでも、このランチョン・テクニックは有効だ。
財布の紐を握られている、世のサラリーマン達の大きな悩みでもある「お小遣い」。
交渉し難いこんな話とて、ランチョン・テクニックを使えば、要求が通り易い。

もちろん異性相手だけでは無く、ランチョン・テクニックは、誰にでも通じる。
冒頭でも言ったが、ランチョン・テクニックは、接待交渉などで用いられる事の多いテクニック。
恋愛発展の為に、友人に協力を頼む時にも、いつでも使える。
知っておいて損は無いテクニックなので、是非とも普段から活用して欲しい。

神崎雫 超恋愛塾 ~Euphoria brainwashing~

元ホストクラブオーナー神崎雫が、自身の実体験を元に生身の女性を使って様々な実験を繰り返し、
恋愛心理学、行動心理学を学び、2年の歳月をかけて完成させた「ユーフォリア ブレインウォッシュ」
90日後にはあなたも狙った女性を、いつでも好きなだけ落とすことができるでしょう!

詳しくはこちら
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧