付けすぎは逆効果!?香水の正しいつけ方は!?

ブログ・Blog

香水は、体臭問題を解決する方法としても有効ですし、他正しく使用して、心地よく香らせる事が出来れば、女性の気を引く方法の一つとしても、とても有効な方法となります。
しかしその反面、使用方法や使用する場面を間違えると、残念な結果をもたらしてしまう事となります。
今回は、香水の正しいつけ方と、注意しなければいけないポイントについてお話していきたいと思います。

まず最初に、香水を正しく使う為には、匂いについて理解しなければいけません。
香水に限った話では無く、匂いと言うものは、基本的に下から上へと、立ち上る様に香ります。
よく首元・手首などに、香水を付ける人がいますが、香水を効率よく香らせる為には、首元・手首に香水を付けるのは、大きな間違いなのです。
少量でも効率よく、香水の匂いを香らせる為には、腰から下に香水を付けた方が良いとされています。

しかし、これも一言にこれが、正解という訳ではなく、上半身に香水を付ける場合と、下半身に香水を付ける場合では、用途が全く異なってくるのです、
基本的に、香水とは、体温によって温まる事で、揮発して香ると言う性質があるのです。
なので、上半身の体温が高い所に、香水を付けると、香水の揮発性が高まるので、香りが強くなりますが、持続性は下がります。
逆に、下半身は、上半身に比べて体温が低いので、揮発性が下がって、香りが優しく、持続時間も長くなります。

よって、香水を付ける時は、腰から下で、動きが少ない所が良いとされています。
何故、動きの少ない所なのか?それは、よく香水を手首に付けて、擦り合わせながら体に伸ばす人がいますが、香水を擦ることで、匂いのの成分となる組織が破壊されて、香りが変わったり、持続時間が変わるからなのです。
なので、香水は、「足首の裏」「ひざ裏」「内もも」「腰元」などが良いとされています。

この時に、注意しなければいけないのが、全ての部位に付けたりして、香水を付けすぎない様に、気を付けなければいけないと言う事です。
では香水は、一体どの程度身に付ければいいのか?基本的には、1プッシュで、どうしても気になるとしても2プッシュまでで、それ以上は、香りがきつくなってしまいます。
人の鼻は、匂いに慣れる様になっているので、香水を身に付けて少しすると、直ぐに自分では、香らなくなります。
しかし、周囲の人間には、香水を付けている本人以上に、香水の匂いが香るので、その為、多くの人が、香水を付けすぎている事が多いのです。

香水は、塗り広げず、広範囲につける為に、付けたい部位から少し離して、1プッシュでまんべんなく広がる様に使用します。
そうする事で、少量でもしっかりと香ってくれるけれど、匂いがきつくならずに済みます。
またこれも香水の性質の問題なのですが、身に付けてから時間によって、匂いが3段階に変化していきます。
これを、「トップノート」「ミドルノート」「ラストノート」と言うのですが、トップノートと言われる、香水を身に付けてからの15分程の間と言うのは、香り馴染んでいないので、匂いがきつく、強く香ります。
香水は、大体平均的に2~12時間の間で香るものが多く、この手の香水は、香水を身に付けてから、30分程経過した、ミドルノートの間が、一番匂いが馴染んで、香水本来の、いい香りがすると言われています。
つまり、デートの前の香水は、女性に会う直前では無く、逆算して、約30分程前に、身に付けた方が良いのです。

如何でしたでしょうか?今回は、香水の正しいつけ方について、お話をさせて頂きましたが、大体わかって頂けたでしょうか?
香水は正しいものを選び、正しくつけて、正しく香らなければ、逆効果となってしまうのです。
使うタイミングや、場面によっても、香水の種類を使い分けると、香水はより効果の高いものとなります。
今回ご紹介したのは、初心者向けの基本的な、香水のつけ方初級編です。
女性にモテる、モテ男が使う上級テクニックは、また次の機会にでもご紹介させて頂きます。

神崎雫 超恋愛塾 ~Euphoria brainwashing~

元ホストクラブオーナー神崎雫が、自身の実体験を元に生身の女性を使って様々な実験を繰り返し、
恋愛心理学、行動心理学を学び、2年の歳月をかけて完成させた「ユーフォリア ブレインウォッシュ」
90日後にはあなたも狙った女性を、いつでも好きなだけ落とすことができるでしょう!

詳しくはこちら
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧