嫉妬深さが露呈してしまい束縛気質かわかってしまう心理テスト

ブログ・Blog

今回の心理テストは、相手がどれぐらい嫉妬深いか、ということがわかる心理テストとなっている。
今、好意を寄せており、気になっている女性が、付き合った時にどれぐらい嫉妬深いか、ということをチェックするのに、有効な心理テストとなっているので、この先の関係を考えている相手には、是非とも有効活用してもらいたい。

【心理テスト質問内容】

デートスポットとして、有名な公園を通りがかったあなた。
一つのベンチに、並んで腰をかけているカップルを見かけました。
そのカップルの間には、何が置いてあったでしょう?

1.高価なブランドバッグ

2.アタッシュケース

3.豪華な花束

4.老舗デパートの紙包み

【この心理テストによってわかる事】

冒頭でも言ったように、この心理テストでは、「相手の嫉妬深さ」というものが、簡単にわかる。
つまりは、ジェラシー度がわかるわけなのだ。
これによってわかることは、独占欲の強さという部分。
これから、パートナーになろう・彼女になってほしい・彼氏になってほしい・口説き落としたい、と思っている相手が、どれほどジェラシー度が高く、独占欲が強い相手なのか?ということを、この心理テストでは、チェックすることができる。
仲の良いカップルの間を邪魔するもの、そのあいだにあるものという物は、そこに何を置くかでジェラシーと独占欲が分かるとされている。
不安を抱えている人ほど、大きなアイテムを置く傾向にあり、これによってわかる独占欲が強い人間の場合、束縛気質だったり、破局後ストーカー化しやすかったりと、要注意人物になりやすい。

【心理テストの結果】

今回の心理テストに関する、各結果は以下の通り。

1.『高価なブランドバッグ』を選んだあなたは、心の中にドロドロとジェラシーが渦巻いているタイプ。
地位や経済力が、コンプレックスになるような出来事は、心の傷になっており、トラウマ化している可能性も高く、そういった部分に執着しやすい。
恋人には、高学歴や地位のある人間・経済力のある人間を選びがちで、そういった人間の恋人であることで、自分も地位や経済力など、社会的地位が上がったと錯覚し、その自分の地位を手放さないために、相手を決して離そうとはしません。
このタイプは、束縛気質が強いので要注意。

2.『アタッシュケース』を選んだあなたは、恋愛やSEXに関して、さほど思い入れがなく、サバサバしたタイプ。
ビジネスパーソンとしてならば、仕事に関心が高く、信頼できるパートナーとなりやすい。
基本的に、SEXや恋愛沙汰といった部分に関心が高くなく、サバサバしているので、欲求にうつつを抜かして、仕事が手抜きになることはほぼない。
必然的にジェラシー要素も低くなってくる。
燃えるような恋愛を求めている人の場合は、少し物足りないかもしれない。

3.『豪華な花束』を選んだあなたは、恋愛やSEXに、キュートなロマンを抱いているタイプ。
恋愛期間中は、ドロドロとしたジェラシーを、感じるようなことはほぼなく、ジェラシーとは無縁で、まっすぐに恋愛に向き合っているタイプ。
しかし、基本的に恋愛やSEXの中に、ロマンチックな部分を求め、SEXであれば、ムードをとても大切にします。
日常的なSEXは、基本的に好まないので、日々の夜の営みには、苦労するかもしれない。
付き合いたての頃や、付き合う前に関しては、口説いているので頑張っているが、付き合い始めた途端、ずっとその状態を続けることは難しいので、マンネリ化してきた時には、恋愛愛情が一気に冷めてしまうかもしれないので要注意。

4.『老舗デパートの紙包み』を選んだあなたは、自分自身、理解ができない原因不明のジェラシーに、悩まされることが多いタイプ。
街中でカップルを見ると、何故か引き離したくなったり、意味もなくイライラする、と言ったような、とにかく人に嫉妬ばかりして、妬んでいるタイプ。
嫉妬心や人を妬む心は非常に強く、自分が幸せだと常に感じれる状況でない限りは、ジェラシーが周囲に向いてしまい、彼氏であったとしても、その矛先が向いてくるので、常に相手を満足させる努力が必要。
この4つの中では、一番要注意なタイプ。
メンヘラ・ストーカー化もしやすいので、基本的には避けた方が無難。

神崎雫の動画は基本的に2日に1度更新されています。今直ぐチャンネル登録をして、女性にモテる恋愛テクニックをチェック!!

神崎雫 超恋愛塾 ~Euphoria brainwashing~

元ホストクラブオーナー神崎雫が、自身の実体験を元に生身の女性を使って様々な実験を繰り返し、
恋愛心理学、行動心理学を学び、2年の歳月をかけて完成させた「ユーフォリア ブレインウォッシュ」
90日後にはあなたも狙った女性を、いつでも好きなだけ落とすことができるでしょう!

詳しくはこちら
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧