紳士的・優しいのと奥手・面白みがないのは大違い

ブログ・Blog

多くの男性が、女性と対峙している時に紳士的・優しいと思われたいと思い、紳士的・優しいに思われようとする。
しかし、ここで多くの男性が勘違いして間違っているのが、「紳士的・優しい」のと「奥手・面白みがない」のは全くの別物と言うこと。

紳士的・優しいと思われる様に振る舞おうとして、奥手で面白味のない人間だと思われない様にしなければいけない。
今回は、紳士的・優しいと思われる為に必要な事について話しをしていこう。

【奢りの強要は紳士的でも優しさでもない】

これは、女性との食事などに慣れていない人間が陥りやすい間違いなのだが、奢る事が紳士的な訳でも優しい訳でもない。
しかし、慣れていない人間は、この事に全く気付いておらず、奢ると言う事が重要だと思い込み、奢ることしか頭にないので、そこにばかり意識が行ってしまい、その過程の重要性に気付いていない。

紳士的・優しいと言う様な印象を与える為には、ただ奢ればいいというものでは無く、奢り方などの過程が重要である。
女性に奢る時に、紳士的・優しいと言う、印象を与えられない人間の多くが陥る間違いは、お店を出ようかと言う時に、「俺奢るから」「いいから、俺奢るから」「お願い俺に出させて」「臨時収入があったから払うよ」「ここは男・俺の顔を立てて奢らせてよ」などの様な奢り方は、全て最悪。
この様な奢り方をするなら、奢らない方がマシだと言うぐらいに、最悪の奢り方。

女性に紳士的・優しいと言う様な印象を与える為に、奢る時には、あくまでスマートに、押し付けがましくならない様に、自然にと言うのが大前提。
言葉は少なく、出来れば無しで、会計を済ませるのが基本中の基本、これが出来ずに、グダグダなっている様では、奢っている意味は無いどころか、印象は悪くなるので注意が必要。

【無難な話しが紳士的な訳では無い】

紳士的に振る舞おうとして、下ネタや踏み込んだ恋愛の話しをしようとしない男性が多いのだが、これも大きな間違い。
踏み込んだ話しをしないのが、紳士的な訳では無く、それは良く言えば奥手、はっきり言えばただ臆病なだけなのである。

確かに、会社の同僚や学校の同級生など、出会いが前提で知り合った訳では無い女性が相手の場合は、いきなり踏み込んだ話をしても、警戒される様な事になってしまうが、紹介・婚活・ナンパ・などと言った出会いが前提の場合では、奥手・臆病である事によって、女性は、「自分には興味が無いのかな」と感じてしまい、紳士的どころか、最悪の印象を与える事となる。

紳士的な印象を与えつつ、相手女性の心にも踏み込む為には、踏み込まずに無難な話しをするのでは無く、気遣いを持った上で、核心を付く様な会輪をする事が重要。
相手が触れられたくない様な内容は、回避しつつも、恋愛の話しや、踏み込んだ話もしつつ、会話を盛り上げる事が大切になってくるのだ。

いくら気遣いを持った会話をしたところで、会話自体が盛り上がらなければ意味が無いし、印象は良くならないので、このバランスに気を付けて会話を進めて行く事が、相手に紳士的・優しいと言う印象を与えるコツだ。

神崎雫 超恋愛塾 ~Euphoria brainwashing~

元ホストクラブオーナー神崎雫が、自身の実体験を元に生身の女性を使って様々な実験を繰り返し、
恋愛心理学、行動心理学を学び、2年の歳月をかけて完成させた「ユーフォリア ブレインウォッシュ」
90日後にはあなたも狙った女性を、いつでも好きなだけ落とすことができるでしょう!

詳しくはこちら
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧