梅雨時期というのは実は恋に落ちやすい季節

ブログ・Blog

一年の中でも夏が一番ギャルをゲットしやすい時期なのに対して、その夏直前である、梅雨時期と言うのは、女性を簡単に落としやすい季節の一つである。
以前にも、ブログ記事『この夏モテる為には何処へ行けばいいのか!?』『夏前から夏前半はジムに通うだけでギャルからモテまくる』、また『夏前から夏前半はジムに通うだけでギャルからモテまくる』で紹介している、神崎雫YouTubeチャンネルの恋愛ノウハウ動画『夏直前はジムに通うだけで美女が入れ食い』でも話しをした、夏前にジムに行けばモテる要因の一つにもなってくる梅雨時期。
もちろん他にも、女性を落としやすい季節と言うのはあるが、季節てきな事もあり今回は、この話をしていこう。

【梅雨時期は気候からくるストレス状態】

梅雨時期と言うのは、「雨で濡れる事による不快感」・「湿気で髪が纏まらない」・「湿気によるベタつき・不快感」など、多くの不快要素をはらんでおり、普段と比べてストレスが多い。
この他にも、「日照時間が少ないので日光にあたる時間が減り、セロトニンやメラトニンとイッたホルモンの分泌量が減る」・「気圧の変化が激しいせいで自律神経が乱れる」・「これらの要因などから、睡眠のリズムが崩れて睡眠不足になる」などと言った症状にも見舞われ、身体的にも精神的にもストレスが大きくなり、常にストレス環境下に晒されることになる。

【ストレス環境下に晒されている状況はチャンス】

前項で話した様に、これらの様々な要因から、梅雨時期と言うのは、常にストレスに晒されている状況に陥る。
この常にストレスに晒されている状態は、女性がとても簡単に落ちる様な状況になっている。

これには、ホルモンの分泌が関係しており、これまでにも何度か話したが、ブログ記事『究極の惚れ薬!?女を口説く時にはPEA(フェニルエチルアミン)!!』でも解説している様に、恋愛感情そのものとも言える、恋愛感情の素であるホルモン、『PEA(フェニルエチルアミン)』は、不安などを感じている状況下では、分泌されやすくなり、簡単に相手の恋愛感情を高める事が出来る様になるのだ。

つまり、うつ病になりやすいと言われている、梅雨時期の様な、常にストレス環境下に晒されている状況では、PEA(フェニルエチルアミン)が分泌されやすい状況になっているので、梅雨時期は、簡単に女性を口説き落としやすくなるのだ。

極・オタク恋愛秘伝の書

自分の人生なのにいつまでもモブキャラのままで誰にも見向きもされない「このままでいい」そんな諦めから脱却し、本当の自分の人生を歩んでみませんか?
この教材はオタクのために作られたオタク専用恋愛情報です。45日間の新生活で非モテオタクからヤリチン超モテオタクにジョブチェンできます!!

詳しくはこちら
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧