女性を褒める時には盲点の窓!?劇的な効果をもたらす褒め方!!

ブログ・Blog

人は、お世辞とわかっていても、褒められて嫌な思いをする人は少ない。
こと女性に関しては、何だかんだ言って、褒められ煽てられると嬉しくなる人の方が多い。
今回は、そんな女性を褒める時に使えるテクニックのお話。

【コミュニケーション心理学『ジョハリの窓』によって分析!?】

コミュニケーション心理学に、自己開示の方法として【ジョハリの窓】と言うものがある。
ジョハリの窓と言うのは、1955年アメリカで、心理学者の「ジョセフ・ルフト」と「ハリ・インガム」が提唱した、「対人関係における気づきのグラフモデル」を、後に2人の名前を合わせて【ジョハリの窓】と呼ばれる様になった、コミュニケーション心理学における自己開示法の1つ。
簡単に説明をすると、「自分をどのように公開し隠蔽するかという、自己の公開と対人関係を円滑に進めるかを考えるための方法」だ。

このジョハリの窓においては、4つの窓(カテゴリ)と言うものに分けて、自己の分析をするもので、
1.開放の窓(open self)
2.盲点の窓(blind self)
3.秘密の窓(hidden self)
4.未知の窓(unknown self)
と言う4つに分けて、自己の分析をすると言うもの。

どういう事か簡単に説明をすると、
1.「自分と他人が知っている部分」
2.「他人だけが知っている部分」
3.「自分だけが知っている部分」
4.「自分も他人も知らない部分」
と言うもの。

この様に振り分けて、グラフにする事で、自己開示を行って行くのが、ジョハリの窓と言うもの。

【ジョハリの窓の理論を使えば効果的に褒める事が出来る!?】

ジョハリの窓について、説明をしたが、実際に、このジョハリの窓を使って分析をしていく訳では無い。

では、ジョハリの窓はどう関係しているのか?
今回、理解して欲しいのは、ジョハリの窓の理論だけだ。

まず、人が他人から褒めてもらえた時に一番嬉しく感じるのは、どういった部分を褒めてもらった時か?
それが、ジョハリの窓における【盲点の窓(blind self)】なのだ。

例えば、身長が高いと言う『開放の窓』つまり、自分も他人も知っている周知の事実について、「身長が高いですね」と高身長の人が褒められた時にどう思うだろう。
もちろん、褒められている事に対しての嬉しさはあるだろう。
だが、開放の窓における、周知の事実と言うのは、言われ慣れている部分で、褒めたとしても、ここに大きな喜びは生まれにくい。

しかし、【盲点の窓】つまり、本人の気付いていない部分を褒めるとどうだろう。
自分が気付いていない部分を、他人から褒められると言うのは、褒められた事だけでは無く、自身が知らなかった部分を知れたと言う、普段気付きえない部分に気付く事が出来たと言う、嬉しさもあり、嬉しさは倍増する。
また褒められている内容に、不意を突かれて、印象にも残りやすい。

この様に、女を褒める時には、ジョハリの窓で言う、相手の【盲目の窓】にあたる部分を褒める事で、定番でわかりやすい「可愛い」「綺麗」の様な褒め方以上に、劇的に褒めた印象が良くなり、印象に残る。

【キャバ嬢やモテる女ほど『盲目の窓』が効果的!!】

キャバ嬢や、モテる女ほど、褒められ慣れている女は他には居ないだろう。
褒められた事の無い女の場合では、『盲目の窓』が多く、「開放の窓」と「秘密の窓」が多く、ただ褒めただけでも劇的な効果を生む。

しかし、常日頃から、「可愛いね」「綺麗だね」と褒められている、キャバ嬢やモテる女は、大抵の事は言われ慣れており、開放の窓・秘密の窓が多く盲目の窓が少ない。
つまり、盲目の窓にあたる部分を褒める事が出来れば、他のライバルと差をつける事が可能となる。

キャバ嬢やモテる女ほど、盲目の窓の褒め方が、効果的な相手は居ない。
多くの男が、気を引こうと、褒めている中で、その多くが気付いていない部分に気付いて褒めると言うのは、簡単では無いので少し上級・中級テクニックとなって来るかもしれないが、実は本当に良いところを見付けて褒める必要は無いのだ。

様は、相手の女性が、言われた事が無いであろう部分を褒めれば良いと言う事で、何も本当にそうである部分でなくてもいい。
逆に、相手がコンプレックスに思っているであろう部分を、「自分はそこが好きだ」と褒めちぎり、「それは自分の良い部分なんだ」と相手に思い込ませればいい。
「他者が何と言おうが自分は好き」と言う褒め方は、ほぼ確実に盲目の窓にあたる部分で、かつコンプレックスも受け入れてくれていると思わせる事が出来る。

この時に、気を付けなければいけないのは、これが「心にも思っていない事と思わせない・気付かせない」と言う事だ。
心にも思っていないと思われてしまっては、褒めているはずなのに、それが急に嫌味と取られてしまう事となってしまう。
この境目を上手く見極めて、上手に褒める事が出来れば、キャバ嬢やモテる女を、口説き落とすのもそんなに難しい事では無くなってくる。

極・オタク恋愛秘伝の書

自分の人生なのにいつまでもモブキャラのままで誰にも見向きもされない「このままでいい」そんな諦めから脱却し、本当の自分の人生を歩んでみませんか?
この教材はオタクのために作られたオタク専用恋愛情報です。45日間の新生活で非モテオタクからヤリチン超モテオタクにジョブチェンできます!!

詳しくはこちら
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧