ナンパで女性をゲットするのは難しく無い!?

ブログ・Blog

女遊びをする・女性をゲットする為の方法として、ナンパは、とても有効な手であるが、なかなかハードルが高く実行できない人が多い。
しかし、ナンパにて女をゲットするのは難しい事では無い。
では何故、そんなにもハードルが高く実行できない人間が多いのか?
それは、ハードルが高いと思い込んでいるからというのが、一番の理由。

実際、ナンパの成功率と言うのは、全く知識の無い非モテの男性でも成功率は、1割程度はある。
つまり10人に声を掛けられれば、1人は、連絡先を交換するなり、デートをするなり出来てしまう。

なのに何故、ハードルが高いと思い込み、皆ナンパを実行することが出来ないのか?
それは、「断られるのが怖い」と言うのが根底の原因としてあるからだ。
ナンパで一番難しいのは、「声を掛ける」と言う行為なのだ。

ナンパのテクニックを身に付けているナンパのプロであったとしても、実際の所ナンパの成功率と言うのは、3割程度で10人に声を掛ければ7人は上手くいかないもの。
ではナンパのプロが何故多くの女性と肉体関係を持ったり、デート出来たりするのか?
それはとても簡単な話で、無理な女性を深追いしたりせず、ダメなものはダメと割り切って、次の落ちる女性へと切り替えていくからなのだ。

これは、ナンパに限った話ではないが、モテない男は、この女性と決めると、特定の女に対して「異常なまで執着し」周りがみななくなっているからだ。
キャバクラで、キャバ嬢に心酔して搾取されてしまう男もこの典型!
特定のキャバ嬢に対して、「この子が一番」と思い込み、冷静に周りが見えなくなっているので搾取されている事にも気づかない。
1歩引いて客観的に周りを見てみると、もっと可愛いキャバ嬢も居れば、簡単に落ちるキャバ嬢も多く居るのに、周りが見えなくなってしまっているので、心酔し搾取され続ける。

また、搾取されていると分かったところで、他がいないと思い込んでしまっているので、搾取されていると分かっていてもその女に対して執着し、何とかしようとする。
そんな事は無理なのだが、そんな事にも気付かす追いかけ続ける。
こういった、非モテ男の思考を持っていると、ナンパでも自分の中の理想を崩せず、次々に声を掛ける事が出来ない。

声を掛けて見れば、実際の所は、とても簡単な話で、凝った言葉など必要なく「可愛いと思って」とこの一言で十分なのだ。
しかし、本当に自分が可愛いと思う人間にだけ声を掛ける必要も無く、「あの女だけは無理」と思う様な女だけ排除して考えればいいのだ。
それ以外は、ガンガン声を掛けて行けば、もちろんナンパされ慣れている女よりも落ちやすい。

ナンパをし始める上で最初に大事な事は、「まずは成功する事」だ!!
ナンパしていても断られてばかりいては、もちろんモチベーションも上がらないし、そんなテンションの低い状態では、落ちる者も落ちない。
まずは、多少求めているレベルよりも少し下げて、ナンパを成功させる事で、優越感を感じて、ナンパや声を掛ける事に対する苦手意識を無くす事が重要!!
この苦手意識さえなくなってしまえば、ナンパなんて恐れるに足らず。

どんなに下手な奴でも、苦手意識を無くして、声さえ掛けられれば2~3人は連絡先を聞けるのだから何も難しい事は無い。
多くの人間の間違いは、ナンパで理想の女性を見付けようとしている事!
自分自身で「理想の女性を見付けよう」なんてハードルを上げてしまっては、残念な結果が待っているのは必須!!
理想の女性なんていくら言ったところで、理想以下の女も落とせない状態では、理想の女を落とす事なんて出来る訳がない。
まずは、理想以下でも落としてその方法を習得していく必要があるのは、正直説明するまでも無いことだと思う。

神崎雫 超恋愛塾 ~Euphoria brainwashing~

元ホストクラブオーナー神崎雫が、自身の実体験を元に生身の女性を使って様々な実験を繰り返し、
恋愛心理学、行動心理学を学び、2年の歳月をかけて完成させた「ユーフォリア ブレインウォッシュ」
90日後にはあなたも狙った女性を、いつでも好きなだけ落とすことができるでしょう!

詳しくはこちら
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧