ヘアドライ自然乾燥はNG!?清潔感を保つためにドライヤーは必須!!

ブログ・Blog

清潔感を保つためにも、髪の毛や頭皮の問題は、大きく関わってきます。
髪の毛や頭皮の臭い問題や、フケ問題としても重要になってくる、ヘアドライに関して、今回は少しお話をしていきたいと思います。

清潔感を保つためには、髪の毛や頭皮から出る嫌な臭いやは大きな問題ですし、フケなんて言うのも大きな問題です。
「毎日ちゃんとお風呂に入って、しっかり頭を洗っているのに、フケや臭いが出る」と言うお悩みを抱えている人も多いと思います。
これには、以前≪毎日洗っているのにフケや臭いが気になる!!実は洗髪に問題があるかも!?≫でもお話しましたが、まず前提として洗髪の問題も大きく関わってきます。
しかし、洗髪だけでは無く、フケや臭い問題としては、アフターケアの、ヘアドライ等も大きく関わってきます。

特に、中でもヘアドライを怠ると、フケ問題には大きく、関わってきます。
フケと言うのも大きく分けて3種類程に分類できるのですが、その内の1つとして、湿気が原因で起きるカビが主なフケがあります。
これは、しっかりとヘアドライをしていない事によって、頭皮近くで湿気が充満している状況が続き、雑菌が繁殖して、カビの原因となってしまいます。
この事が原因でカビが繁殖すると、それがフケとなって出てくるのです。

また、同じ湿気が原因で、雑菌が繁殖することで、頭皮のかゆみや、臭いの元となってしまいます。
雑菌の繁殖によって、洗濯物の生乾きと同じ状態となってしまい、嫌な臭いが発生し、またそれに伴い、頭皮にかゆみが現れ、頭皮を掻いてしまう事で、頭皮に傷が付いたり、炎症を起こして、カビ以外が原因のフケも合わせて現れてしまいます。

これらのフケや臭い等の問題を、防ぐためには、しっかりとドライヤーを使った、ヘアドライが必要となります。
ドライヤーで、早急に髪を乾かす事で、湿気による問題を解決すると共に、髪の乾燥を防ぎ、髪の毛自体のコンディションを整える事が出来ます。

では正しいヘアドライとは一体如何すればいいのか?ここで、重要となってくるのが、「風向き」と「冷風」です。
まず基本形として、濡れている状態の髪の毛は、キューティクルが開いている状態になっています。
ヘアドライをしていく中で、重要なポイントとなるのが、このキューティクルです。
髪の毛のキューティクルを閉じてあげなければ、髪の毛の水分が抜けていき、髪がパサついたり、カサつく原因となります。

キューティクルを効率良く閉じる為には、根元方向から風を当てる必要があるので、髪の毛の根元方向から、毛先に向かって、風を当てて、ヘアドライしていくのが基本となります。
この時、髪の毛に熱を与えすぎると、これもまた髪の毛が痛む原因となるので、ドライヤーは髪から、20センチ離して温風を当てていきます。
また1カ所に熱が集中しない様に、ドライヤーの位置も常に動かしながら、向きや場所を変えつつ乾かしていきます。

髪全体が乾いたら、最後に重要なのが、冷風を当てて髪全体を冷やすと言う作業です。
温風で乾かしただけでは、キューティクルは閉じきっておらず、最後に冷風で髪全体を冷やして、キューティクルを閉じる必要があります。
これによって、髪に残っている熱で神が痛むのを防ぎ、キューティクルが閉じる事で、髪にツヤが出ます。

これが正しいヘアドライ方法となります。
ヘアドライをする時に、髪をわしゃわしゃとする人が多いですが、あれも髪の痛む原因です。
タオルドライも髪を擦る事はNGで、押さえつける様にして下さい。
より効率良くヘアドライをするには、ブラシなどを使うのも良いです。
根元まで、素早くしっかり乾燥させられるので、髪の長い人は、ブラシを使う事をおすすめします。

この妙な事に気を付けて、ヘアドライをめんどくさがって怠らず、清潔感を保ってほしいと思います。
フケや臭い問題は、女性から敬遠されてしまう大きな要因となってしまいますので、モテる男になる為には、めんどくさがらず、清潔感を保つためにも、気を付けていきましょう。

極・オタク恋愛秘伝の書

自分の人生なのにいつまでもモブキャラのままで誰にも見向きもされない「このままでいい」そんな諦めから脱却し、本当の自分の人生を歩んでみませんか?
この教材はオタクのために作られたオタク専用恋愛情報です。45日間の新生活で非モテオタクからヤリチン超モテオタクにジョブチェンできます!!

詳しくはこちら
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧