女性から陰気で暗いネガティブな根暗だと思われてしまうかも!?

ブログ・Blog

女性にモテない男性の特徴として、よく見受けられるものに、「陰気」「根暗」「卑屈」「暗い」「悲観的」「マイナス思考」などと言う、「ネガティブ」である、というものがあります。
これは、女性と関わる上ではとてもマイナスとなる要素で、ネガティブである事で、せっかくのチャンスを棒に振ってしまう事もあります。
今回は、どういった行動や発言が、女性にネガティブだと言う印象を与えてしまうのか、と言う事についてお話していきたいと思います。

例えば、「婚活パーティー」・「街コン」・「合コン」などの、女性と知り合える場では、女性も男性も目的は「出会い」と、明確にわかっています。
女性も良い男性との出会いを求めて、「婚活パーティー」・「街コン」・「合コン」などを、訪れているので、男性からのアプローチを待っているだけでは無く、もちろん、女性自らアプローチを掛けて来ることもあります。
女性も男性も、出会いを求めてその場に居ると言う事が、明確にわかっている場だからこそ、女性も自らアピールが出来るわけなのですが、そんな時にせっかく勇気を振り絞って、女性から声をかけたのにも関わらず、「はあ…」「どうも…」「私は…」「別に…」なんて、返事をされたのでは、女性も「せっかく声を掛けたのに、なんだか暗い人」の様な印象を受けて、ネガティブな人だと言う、レッテルを張られてしまい、それ以上、会話が進む事も、もちろん無いでしょう。
芸人やムードメーカーになるような人気者ほど明るく振る舞う必要はありませんが、適度な会話を出来る程度には、明るく振る舞っていなければ、せっかくのチャンスも無駄になってしまいます。

また、女性にがっついている様に思われたくなくて、「俺はそんなに女に興味ないから」の様な、そっけない態度を取る男性もいますが、これこそ大きな間違いなのです。
確かにがっついてしまい、「女に飢えている」と言う様に映ってしまってはいけませんが、女性に興味が無いと言う素振りは、「卑屈な奴…」「根暗な奴…」と思われてしまう原因そのものです。
大抵の男性が、女性に興味がない訳がないのです。
そんな事は、女性にも男性にもわかりきっている事で、変にクールぶって振る舞ったところで、卑屈という以外の何でもないのです。

また、コンプレックスを抱えている人も、「こんな俺がモテる訳がない…」「俺のことを好きになる人なんて…」の様に、「悲観的」で、「ネガティブ」な発言をよくします。
こういった人は、「そんな事は無いよ」と周りの人間が、フォローして言ったとしても、「そんな訳がない…」と聞き入れようともせず、非常にめんどくさいと思われてしまいます。
確かに他人に褒められた時に、「そうでしょ」とすんなり受け入れる、自信満々の奴も問題があると思いますが、「そんな事は無いですよ」と否定するのも1度2度で、「そうですか?ありがとうございます」と聞き入れる事も出来ないと、非常にめんどくさい、「ネガティブ野郎」になってしまい、女性だけでは無く周囲の人間に、「非常にめんどくさい奴」と思わせてしまい、距離を置かれてしまいます。

コンプレックスを抱えている、ネガティブな人は、その事で、更にそのネガティブに拍車が掛かり、「ほらやっぱり…」と言い出します。
こういった悪循環の中で、「悲観的な考え」「マイナス思考」から抜け出す事が出来なくなってしまい、ネガティブな人間へとなっていくのです。

しかし、そんなネガティブな人間を、何とかするほど人も暇ではありません。
「いつか誰かが何とかしてくれる」なんて、他人任せな考えをしていたところで、誰も助けてはくれません。
まずはあなたが、変わろうとする努力をしなければ、手を差し伸べてはくれないのです。
そんなネガティブな思考を、ポジティブにする解決方法も、またの機会にご紹介していきたいと思います。

極・オタク恋愛秘伝の書

自分の人生なのにいつまでもモブキャラのままで誰にも見向きもされない「このままでいい」そんな諦めから脱却し、本当の自分の人生を歩んでみませんか?
この教材はオタクのために作られたオタク専用恋愛情報です。45日間の新生活で非モテオタクからヤリチン超モテオタクにジョブチェンできます!!

詳しくはこちら
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧