相手の欲求不満度がわかってしまう心理テスト 2

ブログ・Blog

今回の心理テストは、以前にもご紹介した、「相手の欲求不満度がわかってしまう心理テスト」の、第2弾。
これさえ知っておけば、相手の隠れた「欲求不満度」がわかってしまう心理テスト。
相手の欲求不満度がわかれば責めやすいので、こちらも是非活用してもらいたい心理テストとなっている。

【心理テスト質問内容】

シックな一軒家を買いました。
しかし、その入り口のドアを開ける為のドアノブが付いていません。
あなたは、そのドアに一体どんなドアノブを付けますか?

1.丸いドアノブ

2.細長い取っ手

3.下げるタイプのハンドル

4.変形した持ち手

【この心理テストによってわかる事】

この心理テストでわかる事は、相手の隠れた「欲求不満度」。
ドアノブが無く秘められたそのドアは、あなたの内に秘められた性を象徴するもの。
そのドアを開く為のドアノブ・ハンドルと言うのは男性器を象徴しており、どのようなドアノブをイメージしたかによって、あなたの隠れた性的関心や欲求不満度がわかるのだ。

【心理テストの結果】

この心理テストの、各結果は以下の通り。

1.『丸いドアノブ』を選んだ人は、性的欲求・性に関する関心が「未発達」なタイプ。
まだまだ性に関する部分が多く、童貞・処女もしくは、性的経験が少ない事が多い。
またパートナーがいる人間の場合は、パートナーとの性生活・SEXに満足しており、不満度は低め。
現状に満足しているので、特別気に掛ける事も無いだろう。

2.『細長い取っ手』を選んだ人は、あくまで「ノーマル・普通」なタイプ。
人並みはSEXに対しても、興味を持っているが、特別好きと言う訳ではない。
SEXの時に、これと言ってムードを求めるタイプでは無く、割とあっさり淡泊なプレイでいいと思っている。
性的欲求不満度は50%と言う感じで、良くも悪く普通だ。

3.『下げるタイプのハンドル』を選んだ人は、「それなりに欲求不満」な状態。
性的欲求不満を解消できるタイミングを常に伺っており、今すぐにでも性的ストレスを発散したいと思い、チャンスを伺っている。
チャンスがあればいつでも性的ストレス解消しようと、チャンスを伺っている。
性的ストレス指数は高めで、現状には全く満足していない。

4.『変形した持ち手』を選んだ人は、少し「ずれた感覚」を持っているタイプ。
ハンドルの歪みは、性的趣向の歪みの表れで、変則的なプレイが好み。
青姦・野外・SMなど特殊なプレイを求めており、性的欲求が満たされている事は少ない。
性的欲求不満度は高く、趣向が合えば良いパートナーだが、そうでない場合は性生活の感覚・SEX趣向の不一致が原因で破局、なんてことも大いにあり得るので注意が必要。

極・オタク恋愛秘伝の書

自分の人生なのにいつまでもモブキャラのままで誰にも見向きもされない「このままでいい」そんな諦めから脱却し、本当の自分の人生を歩んでみませんか?
この教材はオタクのために作られたオタク専用恋愛情報です。45日間の新生活で非モテオタクからヤリチン超モテオタクにジョブチェンできます!!

詳しくはこちら
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧