家庭に対する愛情の深さがわかってしまう心理テスト

ブログ・Blog

今回の心理テストは、家庭に対する愛情の深さが、一発でわかる心理テストとなっている。
このテストをパートナーに行うことで、結婚した後の、家庭に対する愛情の持ち方がわかるので、結婚する前のパートナーに対して行っておくと、とても有効な心理テストとなっている。

【心理テスト質問内容】

あなたの唇は、一体どんな形をしていますか?
次の4つの中から、該当する一番近い唇を選んで下さい。

1.大きめの口

2.小さめの口

3.薄い唇

4.厚い唇

【この心理テストによってわかる事】

冒頭でも言ったが、このテストを行うことで、相手の家庭に対する愛情の深さというものが簡単に分かる。
口や唇から始まる性の衝動というのは、母親の乳房や自分の指を対象とした、最も原始的なものとなっており、心理学の観点で口唇というものを見ると、あなたの家庭への愛の強さというものが分かるとされています。
この唇の形というものを確認するだけで、簡単に結婚した時の、「家庭に対する愛情の深さ」というものを、確認することができるので、結婚する前のパートナーなどに対し行うと、とても有効な心理テストとなっている。

【心理テストの結果】

今回の心理テストに関する、各結果は以下の通り。

1.『大きめの口』を選んだあなたは、活動的な傾向を持っているタイプ。
大きな口から生まれる笑いには、豪快かつストレートなものになるため、家族間のコミュニケーションは活発なタイプで、よく会話をする。
相手のこともよく理解ししており、家族のことをよく理解しているので、家族間の関係はとても良好。
家族愛はかなり高めのタイプなので、良い関係を保つことが出来る。

2.『小さめの口』を選んだあなたは、基本的に大人しめで、コミュニケーションもうまく取れない、静かで消極的なタイプ。
家族との付き合いも、年を重ねるごとに淡白になってき、家族愛というものは年々低下していく傾向にある。
結婚初期には、愛情を感じる場面も多いかもしれないが、年数を重ねるごとに愛情を感じられず、倦怠期に差し掛かり関係が崩れていくことも多い。

3.『薄い唇』を選んだあなたは、ドライで理性的な性格。
しかし、生活力や愛情度も充実しているタイプでもある。
決してキレやすいタイプではなく、穏やかなタイプの場合が多い。
よく言えば穏やか、しかし、逆を返せばとてもドライで、効率などを求めるために、感情の表現をあまりしない。
これが原因で、夫婦間が悪くなったり、家族間の関係がうまくいかない場合もある。
しかし、上下の唇の厚さが均等な場合は、家族愛は高めのタイプとなっている。

4.『厚い唇』を選んだあなたは、概ね情熱的で愛情深い傾向にあるタイプ。
家庭愛度は、最高のタイプで、上の唇が厚ければ「愛し系」、下の唇が厚い場合は「愛され系」に、カテゴライズされる。
相手がどちらのタイプか、ということに左右される部分もあるが、基本的に「愛し系」同士は問題なく、愛し系はどちらとも相性が良いが、相手が「愛され系」である場合に、こちらも愛され系である場合、愛す者がいないので意外と関係がうまくいかない場合もある。
しかし、愛情深い傾向にあるので、それを言い出せずに関係が長続きし、熟年離婚となるカップリングでもあるので、注意は必要。

神崎雫 超恋愛塾 ~Euphoria brainwashing~

元ホストクラブオーナー神崎雫が、自身の実体験を元に生身の女性を使って様々な実験を繰り返し、
恋愛心理学、行動心理学を学び、2年の歳月をかけて完成させた「ユーフォリア ブレインウォッシュ」
90日後にはあなたも狙った女性を、いつでも好きなだけ落とすことができるでしょう!

詳しくはこちら
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧