仮性包茎による早漏は日々の改善で克服できる!!

ブログ・Blog

以前にも少し話をしたが、日本は実に2人1人が早漏と言われている程に早漏大国で、早漏の人間が多い。
この早漏という問題は、体の関係を持つ時には重大な問題となってくる。
なので、早漏と言う問題で悩んでいる人間は多い。

早漏を改善・克服する方法はいくつかあるが、早漏にもいくつか種類があり、原因によってその改善・克服方法は異なってくる。
様々な方法を試したが、早漏が改善・克服できないのは、その方法と原因が異なっているからである。

今回は、仮性包茎が原因によって引き起こされる早漏の、改善・克服方法について話をしよう。

【仮性包茎は早漏の温床!?】

ある調査では、実に日本人の約6割が、「仮性包茎」であるという調査結果がある。
つまり日本人の過半数以上が仮性包茎で、仮性包茎であることは珍しい事では無いのだ。
更に、仮性包茎も含めた、「包茎」全体の割合で言うと、実に約8割ともなる。

にもかかわらず、日本人の多くは、包茎に対しての知識が少ない。
正しい対処をすれば、包茎である人間の早漏は約3割減ると言われている。
それほどまでに、包茎に対するケアが出来ていない人間が多いという事で、それを知らないという事だけで、早漏になってしまっている人間も多い。

真性包茎の場合は、基本的に手術した方が良い場合のが多い。
しかし、仮性包茎は、日々のケアだけで基本的には問題が無い。

包茎は、普段から陰茎部分が包皮を被っている為に刺激に慣れていない事や、皮が余っている事で、皮膚による竿部分の摩擦が増え刺激が増える。
また、常に包皮を被っている事で、雑菌が繁殖しやすく、臭いや早漏の原因となる。

この様に、包茎である事は、早漏になる原因が多く、包茎である事は、早漏の温床なのだ。

【雑菌の繁殖を抑える事が重要!】

前項でも少し説明をしたが、包茎・仮性包茎による早漏の原因の一つとして、包皮内での雑菌の繁殖がある。
包皮を被っている状態では、包皮の内部が蒸れやすく、垢も溜まりやすい。
常に包皮を被っている状態である為に、外気にも触れない為、乾燥し辛く体温によって温度も高い状態が保たれる。
つまり、雑菌が繁殖するには最高の環境な訳だ。

この雑菌の繁殖を抑える事が重要で、そのためには湿気は大敵。
清潔にする為に、包皮を剥いてシャワーで綺麗に洗うのは、もちろん当たり前の事だが、その後の処理が重要。
シャワーや入浴後には、しっかりと包皮を剥いている状態で乾燥させる事が重要となってくる。
しっかりと乾燥させなければ、その水分ののせいで包皮内が蒸れやすくなり、雑菌も繁殖しやすくなる。

有名AV男優は、シャワーや入浴後、ドライヤーで陰茎周りを完全に乾燥させると言う。
方法は、ドライヤーである必要は無いが、完全に乾燥させるという事と、汗が引いている状態である事が重要。
ドライヤーが効果的であるのは、温風による刺激で、陰茎が刺激に対する耐性も上がるからである。

普段から雑菌が繁殖しにくい環境作りをする事が、早漏改善の第一歩となる。

【仮性包茎の包皮は剥いておいたほうが良い!?】

包茎・仮性包茎の人間と、そうでないズルむけの人間では、普段から日常の中で陰茎が受ける刺激が大きく異なってくる。
包皮を被っていない状態では、陰茎が常日頃からパンツなど下着と擦れて刺激を受けている。
これによって、包皮を被っていない場合は、普段から刺激慣れしている。
それに対して、包茎・仮性包茎の場合は、常に包皮に包まれている為、SEXの時やオナニーをする時ぐらいしか刺激を受ける事が無い。
その為、刺激慣れしていないので、刺激に対して敏感に反応してしまい、早漏になりやすい。

また前項でも話した様に、常に包皮に包まれている状態の、包茎・仮性包茎では、その包皮の内部が蒸れて雑菌が繁殖繁殖しやすくなる。
雑菌の繁殖が促進されると、早漏の原因ともなるが、それ以外にも「臭い」などの女性が深いと思う要素の大きな原因となってしまう。

そう言った観点から見ても、仮性包茎の場合は、普段から被っている状態では無く、出来るだけ剥いている状態にしておいた方が良いのだ。

神崎雫 超恋愛塾 ~Euphoria brainwashing~

元ホストクラブオーナー神崎雫が、自身の実体験を元に生身の女性を使って様々な実験を繰り返し、
恋愛心理学、行動心理学を学び、2年の歳月をかけて完成させた「ユーフォリア ブレインウォッシュ」
90日後にはあなたも狙った女性を、いつでも好きなだけ落とすことができるでしょう!

詳しくはこちら
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧