月に洋服代いくら使っている?モテ度にも比例する金額!?

ブログ・Blog

あるアンケート調査で、20代の独身男性を対象に、『1ヶ月に使う洋服代は?』と言う調査が行われた。
このアンケートの結果で、20代独身男性が1ヶ月に洋服にかける金額平均が、1ヶ月あたり『¥2,200』と言う結果が出た。

この様に洋服代に関するアンケート調査などは、いくつもあるが、基本的に独身男性の多くは、1ヶ月あたりの洋服代が余りに低い。
これに対して、既婚者の結婚前は、1ヶ月あたりの平均洋服代は、約『¥12,700』と言う結果もある。

以前からこのブログでも言っているが、実際問題『見た目』はかなり重要な訳で、その『見た目』の部分にお金を使えない人間は、中々モテにくい。
つまり、洋服代や見た目の問題を軽視しているかどうかが、顕著に出る、1ヶ月あたりにいくら使っているかと言う数字は、高確率で、モテる指数に比例する。
今回はそんなファッションに関する話をしよう。

【洋服代に月平均1万円使ってない男は結婚出来ない?】

有名な「20~30代独身男性」2226人を対象に行われた、1ヶ月あたりの洋服代のアンケート調査がある。
そのアンケート調査の結果は以下の通り。

Facebookを活用した婚活アプリ「マッチアラーム」を運営・開発するマッチアラームは9月30日、恋活・婚活に関する調査の結果を発表した。調査は9月26日~28日、20・30代の独身男性2,226名を対象にインターネットで行われた。「1カ月の洋服代はいくら?」と質問したところ、「0円」と回答した人は7.9%、「1円~5千円」と回答した人は23.9%、「5千円~1万円」と回答した人は30.0%、「1万円~3万円」と回答した人は28.7%、「3万円以上」と回答した人は9.5%と、約6割が1万円以下という結果になった。
引用元URL;https://news.mynavi.jp/article/20140930-a196/

これが有名な、独身男性の洋服代に関するアンケートの結果。

これを見てもわかる様に、実に全体の61.8%、約6割の独身男性が、1ヶ月に洋服にかける金額が、『1万円以下』という結果が出た。
つまり、結婚をすることのできない人間の、実に約6割の人間が、1ヶ月に使用する洋服代が、『1万円以下』であると言う事がわかる。
また、1ヶ月の洋服代が3万円以下の人になると、実にその約9割が結婚できていないと言う事がわかる。

【何故?洋服にお金をかけないとモテない・結婚できない!?】

まずは、前項で話をしたアンケートに答えた人たちの意見をご紹介しよう。
1ヶ月あたりの洋服代が1万円以下と答えた人たちの主な意見としては、以下の通りだ。

1カ月の洋服代が1万円以下と回答した人からは、「恥ずかしながら、洋服にお金はあまりかけていません(笑)」(5千円~1万円/男性/20代前半/北海道)「デートとかあると余計に買ってしまうかも」(5千円~1万円/男性/20代後半/岐阜県)「1シーズンにまとめて買う」(5千円~1万円/男性/30代前半/大阪府)「ユニクロ最高」(1円~5千円/男性/30代前半/岩手県)「あまりおしゃれに興味がないので」(1円~5千円/男性/30代半ば/徳島県)「既にたくさん持っている」(0円/男性/30代後半/東京都)などの声が挙がった。
引用元URL;https://news.mynavi.jp/article/20140930-a196/

また逆に1ヶ月に1万円以上使うと答えた人たちの主な意見としては、以下の通り。

1カ月の洋服代が1万円以上と回答した人からは、「他者とは違う自分独自のオンリーワンスタイルを確立したいため」(3万円以上/男性/30代前半/大阪府)「おしゃれ好き」(1万円~3万円/男性/20代前半/大阪府)「買うときは大人買い」(1万円~3万円/男性/20代前半/神奈川県)「そんなもんでしょ!」(1万円~3万円/男性/20代前半/大阪府)「あまりお金を掛けません」(1万円~3万円/男性/30代半ば/秋田県)といった声が挙がった。
引用元URL;https://news.mynavi.jp/article/20140930-a196/

上記の「そんなもんでしょ!」や「あまりお金を掛けません」を見てもわかる様に、1ヶ月に1万円以上使っている人間とそうでない人間では、意外にも1万円以上使っている人間の方が、お金を掛けている感覚は無い。
これは私も自身も同じで、かつては私自身も決してお金を掛ける人間ではなく、ユニクロなどで安く済ませて、特にこだわりも無かった。
ユニクロが悪いと言う訳では無いが、服装などに気を使い出すと、月に1~2万円ほどは、洋服代に掛かるのも仕方ないということがわかる。

何もいい服を買えと言う訳ではないが、いつも同じ服を着ているのでは、正直話にならないし、ユニクロなどでワゴンや値下がりしているものは、人気が無いから売れ残り安くなっている訳で、そんな服ばかり着ているのでは、もちろん印象も悪い。
ある程度ローテーションもしながら、組み合わせて着こなすとしてもある程度は、服の数が必要なのは当たり前で、ある程度服の数も必要となると、毎月多少は買い足しをするので、服の値段を考えても、月に1~3万円程度掛かるのは当たり前である。

こういった部分の印象などが、大きく反映されるために、洋服代がモテる指数に反映されるのだ。

神崎雫 超恋愛塾 ~Euphoria brainwashing~

元ホストクラブオーナー神崎雫が、自身の実体験を元に生身の女性を使って様々な実験を繰り返し、
恋愛心理学、行動心理学を学び、2年の歳月をかけて完成させた「ユーフォリア ブレインウォッシュ」
90日後にはあなたも狙った女性を、いつでも好きなだけ落とすことができるでしょう!

詳しくはこちら
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧