連絡を放置すると女はキレる!?焦らしと放置は別物!!

ブログ・Blog

LINE・メールで女を焦らすのは、実に効果的だが、焦らしと言うのは上手くやらないと、焦らして興味を引くどころか、キレられる様な事となってしまう。
多くの人が、【焦らす】と言う事と、【放置する】と言う事の違いが、いまいちわかっていない。

『焦らす』のか、『放置している』のかと言う事では、女の反応は大きく変わってくるし、思っている内容と真逆の結果を生む事にもなってしまう。
今回は、女の興味を引くことが出来る『焦らし』と、女を一発で怒らせてしまう『放置』の違いなどの話。

【焦らしと放置の違い!?】

まず根本的な話として、『焦らし』と『放置』は、全く違うもの。
『焦らし』は、様々な布石を置いた上で、気を引いて、気持ちを引き寄せる方法。
『放置』は、言葉の通り、ただただ無視してしまっている状態。

一見近い状態の様に見えるが、天と地ほどの差がある。
『焦らし』の場合は、様々な布石の元、最後の起爆剤として「焦らす」という方法で、変化を呼び込むものだが、『放置』の場合は、ただただ無視しているだけなので、もちろん先に何か起きる事も無く、自然にフェードアウトする、もしくは、怒りを買う事にしかならない。

この様に、【焦らし】と【放置】では、『計画的である』か『無計画なのか』と言う大きな違いがある。
モテない男の多くは、「女は焦らせ」なんて、ありきたりな内容も無い一言だけで、「連絡しない方が良いんだ」と思い込み、結果的に放置をしてしまい、怒りを買う事になる。
この『焦らし』と『放置』の違いは、理解していないとモテる男にはなれない。

【LINE・メールを放置するとどうなる?】

前項でも言った通り、『放置』をしてしまうと、女を怒らせると言う結果を招く。
放置されると、女性に限った話では無いが、「なんで連絡を返してこない?」と思う。

特に、メールでのやり取りが主だった時代とは変わって、今は、『LINE』が主流になっている。
LINEには、メールと違って、『既読』と言う機能が備わっている。
相手が、LINEを回覧しているかどうかと言う事が、一目見てわかる様になっているのだ。

つまり、LINEを読んでいる事が分かっているのに、返事が返って来ないと言う事は、明らかに無視をして返信して来ていないと言う事。
メールの様に返信が無い状況が、読んでいるのか読んでいないのか分からない状態とは違い、LINEでは、読んでいるか読んでいないのかと言う事が、はっきりと分かってしまう。
そうすると、やはり意図的に返信が無いと言う事がはっきりと分かってしまう。

故に「無視されている」と感じるのは当たり前。
無視をされれば、怒るのも当たり前の事で、怒りを買ってしまうのも自然な結果である。

【放置では無く焦らす為にはどうする?】

LINEやメールにおいて、『焦らす』場合に、『放置』と分かりやすく異なってくる部分は、【返信をする】と言う事。

多くの人が、『連絡を焦らす』と言われた時に、一番最初に陥る間違いがこれで、「連絡絶つ」と言う行動を取ってしまう。
『焦らす』と言うのは、「連絡を絶つ」と言う事では無く、【相手の不安感を煽って、こちらから連絡せずとも、相手から連絡が来るように仕向ける】と言う事だ。

つまり、ただ連絡を絶つだけでは無く、相手から連絡が来る様に事前に準備をした状態で、自分から連絡をしない事で、相手は不安感を抱き、自ら連絡をしてくる。
それにこちらは、返信をして安心感を与えると、安心感を得るために、相手はこちらが連絡をせずとも、連絡をしてくる様になる。
これが『焦らす』と言う状態。

【焦らす事によってどうなる?】

焦らしによってもたらされる効果については、前項で説明した通りな訳だが、では「自ら連絡せずとも向こうから連絡が来るようになる」と言う事で、どんなメリットがあるのか?
自分から連絡しても、相手から連絡が来ても一緒では?と思う人も居ると思う。

しかし、それは大きな間違い。
これは、自分が『追いかけている側』なのか?『追いかけられている側』なのかと言う違いがある。
モテる男は、「追われている側」で、結局女を追いかけ続けている人間と言うのは、モテない男な訳だ。

これは何故かと言うと、「追いかける」か「追いかけられる」かでは、『どちらが主導権を持っているか』と言う事だ。
追いかけている段階では、こちらがアプローチを掛けている状態で、相手に対して要求をしている状態である。
しかし、追いかけられる側になると、相手の女性がアプローチを掛けて来ている状態になるので、こちらに主導権がある。

焦らしによって、相手女性の「不安感」や「欲求」が最高潮に到達すれば、後は相手女性の要求を受け入れるだけで、その女性を落とす事が出来る。
つまり、上手く焦らせば『何もしなくても、女を口説き落とせる』と言う状態になり、結局のところ、【モテる】と言う様な状況が出来上がる。

【追記・業務的返信も怠っては行けない?】

細かい話にはなるが、LINE・メールの返信において、業務的な返信も怠ってはならない。

例えば、待ち合わせをしている時に、「もう直ぐ着くね」と言う連絡が来たとする。
多くの男性は、こう言った「わかったよ」・「了解」・「OK」など理解したと言う事を伝える為の、業務的な連絡を怠る。
しかし、こう言った返信は重要!!っと言うよりも、基本的に連絡を女性サイドで終わらせてしまうと言う事が問題。

めんどくさい話ではあるのだが、男性サイドの返信で連絡が終わっていないと、女は怒ることがある。
つまり、女は「自分はやり取りを終わらせても良いが、相手が連絡を終わらせるのは気に入らない」のである。
なので、理不尽な内容とは言え、女を怒らせない為には、「わかったよ」・「了解」と言った様な連絡も欠かしてはいけない。

神崎雫 超恋愛塾 ~Euphoria brainwashing~

元ホストクラブオーナー神崎雫が、自身の実体験を元に生身の女性を使って様々な実験を繰り返し、
恋愛心理学、行動心理学を学び、2年の歳月をかけて完成させた「ユーフォリア ブレインウォッシュ」
90日後にはあなたも狙った女性を、いつでも好きなだけ落とすことができるでしょう!

詳しくはこちら
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧