モテる男性の要素【3K】とは!?3Kが揃って無いとモテないの?

ブログ・Blog

昔から、モテる男の3大要素を通称【3K】と言ったりする。
最近では、3Kだけでは無く、3Gや4Tなんてのまである。
逆に付き合ってはいけない男の職業では、3Bなんてのもある。

これらの信憑性や、現在においては、どうなっているのかなどについて、今回は話しをしていこう。

【モテる男の3大要素3Kとは?】

昔から言うモテる男の3大要素を通称【3K】と言って来た。
この3Kと言うのは、『高身長』・『高学歴』・『高収入』の頭文字をとって、3Kと言われている。

この3Kの要素は、正直どれも、あんなにモテる要素で、その中でも人気上位の3つだ。
しかし、3Kが無ければモテないかと言えば、そんな事は無い。
3Kの男は、何もしなくても勝手にモテると言うだけの話。

ましてや、時代によってモテる男の要素と言うのは、日々変化して行っている。
いつまでも3Kが天下の時代ではないのだ。

【3K以外のものって何?】

3Kの他にも、3Gや4Tなんてものもあるが、これは先ほど言った様に、モテる男の要素の内容が、変化してきているのに合わせて、名称が変化してきたものだ。
昔は、3Kと言って、『高身長・高学歴・高収入』がモテた。

しかし、女性が求めるものが変わってきた中で、【3G】に変化し、『GAP(ギャップ)・GENTLE(紳士的)・GOIN(強引)』と言うように、内容が変化をした。
これは、平成になり、草食系男子が増えた事が原因と言われており、実際問題平成の中期頃までは、多少強引だったり、そんななかで優しく紳士的なギャップを持っている男がモテた。

それと同時期に、【3K】も内容が変化していき、「高身長・高学歴・高収入」から、【雇用の安定・金銭感覚が合う・価値観が合う】と言うものに変化していった。

それから更に時は経ち、女性の求めるものが変化すると、平成の後期には、また新しく【4T】と言うものが現れてきた。
4Tは、『低姿勢・低燃費・低依存・低リスク』と言うもの。
つまり、『低姿勢=謙虚である』、『低燃費=娯楽などに使う出費が少ない(つまり無駄遣いが少ない)』、『低依存=女性に依存しない(恋愛だけでは無く自身の事は自身で出来ると言う事なども含む)』、『低リスク=大部分は雇用の安定(つまり公職員などの安定感やリスクの低い生き方をしていると言う事)』

【女性の求める要素はモテる為に必要なのか!?】

見た目の重要性は理解するべき!?内面と外見おどちらが重要?でも話した様に、結局のところ、内面的な要素である『3K』・『3G』・『4T』などは、モテる為には必要無い。
確かに、3Kや4Tのような要素を持っているに越した事は無い、その方がもちろんモテやすくはなる。
しかし、それが重要な事では無く、なければモテないというものではない。

結局のところ、女は建前上3Kや4Tのようなものを求めていると言う、確かにそれに越した事は無いとは思っているが、あくまで理想。
女とて、自分の理想すべてが揃った人間がそう居るとは思っていない、故に、出来るだけ自分の理想に近い男を探しては居るが、結局は妥協する。
理想と違った点は、見えない振りをして都合の悪いものは見えない振りをする。

つまりは、女の理想になる必要は無く、理想に近い人間であると思わせてやれば良いだけ。
それだけで、女にはモテる事が出来る。

長い結婚生活を送る上では、『3K』・『3G』・『4T』の様な、女性の求める要素が重要になってくる場合もある。
しかしながら、それはずっと何十年も連れ添っていく中での話で、入り口から求めている訳では無い。
結婚生活の事など、正直結婚してから考えれば良い。
もっと言えば、付き合えるかどうかもわからないのに、付き合う前から結婚した後のことなど考えても仕方ない。
結婚する事を考え始めてからでも、帰ることも出来るし、『3K』・『3G』・『4T』のような要素で、自分に足りてない者を無理
に何とかするよりは、結婚と言う段階においては、自分の良い部分で足りていない部分を補ってやれば良いだけの話し。

神崎雫 超恋愛塾 ~Euphoria brainwashing~

元ホストクラブオーナー神崎雫が、自身の実体験を元に生身の女性を使って様々な実験を繰り返し、
恋愛心理学、行動心理学を学び、2年の歳月をかけて完成させた「ユーフォリア ブレインウォッシュ」
90日後にはあなたも狙った女性を、いつでも好きなだけ落とすことができるでしょう!

詳しくはこちら
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧