モテる男は『ダブルバインド』で女にYESと言わせる!?

ブログ・Blog

モテる男と、モテない男が、女性を誘ったり、女性に対して何かを要求する時に、決定的な違いがある。
それが、【ダブルバインド】だ。

モテない男は、単純に「YES」か「NO」かと言う問い方をするが、モテる男は、女性に対して何かを要求する時に、ダブルバインドによって、「YES」か「YES」で問いかける。
様々な場面で使用されている、この【ダブルバインド】だが、今回はこのダブルバインドを使って、簡単に女をデートに誘える方法などについて話して行こう。

【ダブルバインドとは?】

この【ダブルバインド】と言う理論は、1956年頃にアメリカの文化人類学者の「グレゴリー・ベイトソン」が提唱した理論。

ダブルバインドとは、日本語訳では「二重拘束」と言う意味。
つまり、2つの事柄によって拘束している状態を指す。
元々は、「矛盾する2つの事柄によって、ストレスが掛かっているコミュニケーション状態から、ストレスの掛かっている人が、統合失調症に似た症状が現れる」と言ったもの。

しかし、ここで言う『ダブルバインド』とは、この理論を基に、心理学的に応用した【エリクソニア・ダブルバインド】と言う交渉テクニックの事。
これは、主に「恋愛心理学」や「ビジネス心理学」で、用いられる事が多く、交渉術・交渉テクニックの一つ。

【エリクソニア・ダブルバインドとは?】

先ほども言ったが、ここで言うところの『ダブルバインド」とは、心理学的に言う【エリクソニア・ダブルバインド】と言うもの。
「ダブルバインド」と「エリクソニア・ダブルバインド」の違いとしては、「ダブルバインドは、心理学的理論」で、「エリクソニア・ダブルバインドは、ダブルバインドを基に構築された、心理学的テクニック」と言う違いがある。
ようは、ダブルバインドは基礎で、エリクソニア・ダブルバインドは、ダブルバインドと言う基礎を応用したテクニック。

この『エリクソニア・ダブルバインド』は、「要求する事柄に関する、複数のメタメッセージを相手に提示する」と言うもの。
つまり、「相手に交渉を持ちかける時に、どれを選んでも返答がYESになるように、交渉内容を提示する」と言うもの。

例を挙げて説明をすると、女性を次のデートに誘う時に、「次のデートは、○○日が良い?それとも○○日が良いかな?」と言った問い方をする。
この様な問いかけ方をすると、どちらを選んだとしても、「デートをする」と言う事象は変わらず、必然的にYESの返答しかなくなる。

この様に、相手に選択をさせている様に見せかけて、実際は、返答がYESしかない問い方をして、返答をYESへと誘導するのが、この『エリクソニア・ダブルバインド』と言うテクニック。

【ダブルバインドを使えば必然的にYESと答えてしまう!?】

先ほども軽く説明したが、『エリクソニア・ダブルバインド』を使う事で、簡単に女にYESと言わせることが出来る。

通常、女を誘う時に、モテない男の多くは、「デートしませんか?」と、言った様な内容の誘い方をしてしまう。
しかし、既にこれが大きな間違いで、モテる男は、『デートをする事が前提』の誘い方をしている
「デートをしませんか?」と言う誘い方と言うのは、デートをするかしないか、つまりYESかNOかと言う問いかけをしている。
すると、その2択から選択するので、もちろんNOの確率が上がる。

ここで、モテる男と言うのは、そのほとんどが、「デートはいつが良いか?」と言う問い方をする。
この時点で、女は、選択肢を提示されているので、譲歩してもらって交渉をしていると錯覚する。
しかし、実は、どちらを選んだところで、答えは「YES」なのだ。
こうして、知らず知らずの内に、YESと答えさせられているのだが、本人にはその自覚も無く、簡単に交渉を成立させることが出来る。

自信に満ち溢れて、端から答えがYESである前提で、女性に喋っている強引な男が、意外と成立させてしまったり。
真面目な感じの営業マンよりも、軽い感じの営業マンの方が、契約を取ったりするのも、このダブルバインドが働いているからだ。

彼らは、YES返って来るのが当たり前と、なんの根拠もない自信のもとに、相手に問いかける時に、NOの選択が無い問い方をしており、結果的には、自然とエリクソニア・ダブルバインドを使って、YESと言わせてしまう。
しかし、モテない男や、自信の無い人間は、断られるのが当たり前と思っているので、最初から、「YESかNOか」と言う問い方をしてしまう。
すると、もちろんだが、NOと答える確率がグッと上がって、断られることも多くなってしまう。

デートでも、ホテルでも、SEXに誘うのだって、このエリクソニア・ダブルバインドを使えば、簡単に相手からYESを引き出す事が出来るのだ。
ただし、このエリクソニア・ダブルバインドを使った交渉方法は、使い方を間違えれば、「ただの偉そうな奴」・「自己中心的」と映ってしまうので、注意が必要だ。
あくまで、相手に選択権を与えていると思い込ませる事が重要で、自ら選択したと思い込ませる様な、選択肢を提示する事が必要なので、『エリクソニア・ダブルバインド』を使用する場合は、十分注意して欲しい。

極・オタク恋愛秘伝の書

自分の人生なのにいつまでもモブキャラのままで誰にも見向きもされない「このままでいい」そんな諦めから脱却し、本当の自分の人生を歩んでみませんか?
この教材はオタクのために作られたオタク専用恋愛情報です。45日間の新生活で非モテオタクからヤリチン超モテオタクにジョブチェンできます!!

詳しくはこちら
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧