女の愚痴を聞き出せば『カタルシス効果』によって信頼感が増す!?

ブログ・Blog

女に限った話では無いが、誰しもが心の中に秘めている「不安」や「不満」・「怒り」・「悲しみ」と言った負の感情がある。
普段は外に出せないこういった感情が、愚痴や相談などと言った部分に出てくる訳だが、そういった、「負の感情」を口にして吐き出す事で、ストレスが解消され気分が少し楽になる、これが【カタルシス効果】と言うもの。

しかし、こういった「負の感情」を口に出来る者も居れば、中々口には出せない者も居る。
それを、聞き出し、しっかりと聞いてやる事で、カタルシス効果が働き、それによって信頼や好感を持たせることが出来る。

「話上手は、聞き上手」と言う言葉がある様に、女の話を聞きだす事の重要なのだが、今回は、その重要性などについて話をしようと思う。

【カタルシス効果とは?】

心理学には、【カタルシス効果】と言う、心理現象がある。
これは、有名なオーストリアの精神科医で、精神分析・精神医学者でもある「ジークムント・フロイト」が提唱した心理現象。

カタルシス効果とは、「心の中に秘めた、鬱屈した感情を、自ら口に出して外に吐き出す、または、他者にその鬱屈した感情を代弁してもらった時に、鬱屈した気分が楽になる」と言う、心理現象を指す言葉。

つまり、「不安」・「イライラ」・「怒り」・「悲しみ」・などのストレス的要因を、口に出して吐き出すことで、ストレスが解消されて、気分が楽になるというもの。
また、自ら口に出して吐き出さなくとも、誰かに代弁してもらう事でも同じ効果が見込める。

【カタルシス効果によって好感や信頼感を得る事が出来る?】

冒頭でも言ったが、女の愚痴を聞き出してやることで、「カタルシス効果」が働き、それによって、好感や信頼感を得る事が出来る。
では、何故カタルシス効果によって、好感や信頼感が生まれるのか?
それは、人間の記憶と深く関係している。

人間の記憶と言うのは、単純に出来事を記憶しているのではなく、「無意識化で、出来事と、その時の感情を結び付けて、記憶として単純化し脳に記録」する。
印象に残る経験のある場所に行くと、その時の感情が甦って、悲しい気分や、楽しい気分になったりする。
この様に、場所と感情や時間などを、複合して単純化し記憶として脳に記録している為に、場所や出来事が錯覚によって、同一のものと認識してしまう。

つまり、カタルシス効果によって得られる、リラックス効果などによって、気分がよくなっている事と、あなたと居たという事柄が、同一のものとして単純化されて、記憶として脳に記録される為に、「あなた自身の存在が、リラックスできる存在」と言う錯覚を起こして、記憶される。
これによって、「安心できる存在」と言うような印象を、相手に植え付ける事が出来るので、結果として、カタルシス効果によって好感や信頼を得る事が出来る。

【女の愚痴を聞き出せれば特別な印象も与えられる!?】

いま説明した様に、女の愚痴を聞き出せば、「カタルシス効果」による、好感や信頼だけでは無く、特別な存在と言う印象を植え付ける事も出来る。

これは、普段人には見せない負の感情を見せると言う事で、「普段は出さない特別な感情を話す」=「特別な話の出来る特別な存在」と言うように、「特別な事をした」という出来事と、「あなたと居た」と言う事柄が、単純化して記憶になるので、『「あなた」=「特別な人」』と言う錯覚が起こる。
この様に、普段出すことの無い様な、特別な愚痴を聞き出すことが出来れば、あなたが『特別な人』と言う印象を植え付ける事が出来る。
これが、話し上手がモテるという所以である。
ホストに通うキャバ嬢や、風俗嬢のほとんどが、普段外に出せない、客の愚痴や仕事の愚痴を言って、カタルシス効果などによる錯覚で、ホストを特別な存在として錯覚してしまうのだ。

神崎雫 超恋愛塾 ~Euphoria brainwashing~

元ホストクラブオーナー神崎雫が、自身の実体験を元に生身の女性を使って様々な実験を繰り返し、
恋愛心理学、行動心理学を学び、2年の歳月をかけて完成させた「ユーフォリア ブレインウォッシュ」
90日後にはあなたも狙った女性を、いつでも好きなだけ落とすことができるでしょう!

詳しくはこちら
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧