心理学『返報性の原理』を利用すればナンパは簡単!?

ブログ・Blog

人間の心理に『返報性の原理』と言うものがある。
この、返報性の原理と言う心理学を利用すれば、ナンパなんてものは簡単に成功する。
今回はこの、返報性の原理と言う、心理学の話をしようと思う。

【返報性の原理とは?】

『返報性の原理』と言うのは、「他人から何かをしてもらった際に、それに対してお返しをしなければという感情が生まれる」と言う人間の感情に起こる心理の一つ。
分かりやすい例を挙げれば、無料サービス、つまり「試食」「試供品(テスター)」なんてのが、まさに返報性の原理を利用した、商法だ。

また、この返報性の原理を使った、ビジネステクニックとして、営業マンなどが良く使う『ドア・イン・ザ・フェイス・テクニック』がある。
「ドア・イン・ザ・フェイス・テクニック」とは、高い要求を断らせる事で、申し訳ないと言う感情を逆手にとって、本来の要求を受け入れてもらうというテクニックがある。
このドア・イン・ザ・フェイス・テクニックを使うと、簡単にホテルイン出来てしまったり、SEX出来たりする訳だが、これは股の機会に話そう。

つまり、返報性の原理とは、「何かをして貰ったらお返しをしなければいけない」と言う心理が人間には働く為に、人は共感を求めて対等であろうとするというものだ。

【ナンパは難しい!?】

以前ににも話をしたが、ナンパにおいて一番難しいのは何か?話を聞いてもらう事だ。
ナンパが成功するかどうかは、9割がた最初に話を聞いて貰えるかどうかと言う所に、掛かっていると言っても過言では無いと言う程に、見ず知らずの人に、「足を止めて話を聞いてもらう」と言う事は難しい。

しかし、ナンパをする上では、ここが一番大事で、足を止めて話を聞いてもらうと言う事が出来なければ、スタートラインにすら立てない。
ナンパに対して、「難しい」や「苦手」と言う意識や印象になってしまうのも、ナンパが苦手な人間は、この最初の入り口がなかなか上手くいかない為。

ナンパ上級者とて、実際の所、成功率なんて3割程度で、10人に声を掛けて3人と言ったところ。
初心者のナンパであったとしても、1割は成功する。
つまりテクニック云々よりも、数をこなして苦手意識をなくすのが、ナンパの腕が上達する一番の近道。

【返報性の原理さえ知っていればナンパなんて簡単!?】

では、ナンパを成功させるテクニックなんて無いのか?と言うとそんな事は無い。
心理学を知って、返報性の原理さえ知っていれば、ナンパを簡単に成功させる心理テクニックはある。
ナンパの上級者は、こういったテクニックを使って、一般的な1割の成功率を3割まで上げる事が出来る。

さきにも言ったが、ナンパにおいて、一番難しいのは、最初の足を止めて話を聞いてもらうと言う部分。
これは、返報性の原理を使えば、簡単にクリア出来てしまう。

例えば、クラブやBARであれば、お目当ての女にお酒を奢ればいい。
これは酒を奢って貰ったと言う事に対して返報性の原理が働く。
つまり、ナンパとわかっていても、「お酒を奢って貰ってご馳走になった」と言う事に対して、返報性の原理が働き、「少しぐらいは話さないと」と言う、お返しをしなければと言う心理が働く。

これは極端な例だが、ホストやスカウトなんて言うのは、街中でも返報性の原理を使う事が多々ある。
街中で声を掛ける時に、ペットボトルや缶の飲み物を持って、声を掛ける時にまずプレゼントをしたりする時がある。
これは、キャッチの中でも割とトリッキーな方法だが、受け取って貰う事に成功した時の効果は絶大だ。
この場合はどちらかと言うと、返報性の原理よりも、一貫性の法則が強く働いているが、これも返報性の原理だ。

つまり、ナンパとわかって声を掛けられている時に、音声が要求している状態なので、女性は話をしたがらない訳だ。
しかし、最初に声を掛ける段階で、相手に何かしらのメリットを与えてあげる事で、返報性の原理が働き、簡単に足が止まると言う事だ。
これさえ知っていれば、ナンパなんて言うのは、至極簡単なことなのだ。

神崎雫 超恋愛塾 ~Euphoria brainwashing~

元ホストクラブオーナー神崎雫が、自身の実体験を元に生身の女性を使って様々な実験を繰り返し、
恋愛心理学、行動心理学を学び、2年の歳月をかけて完成させた「ユーフォリア ブレインウォッシュ」
90日後にはあなたも狙った女性を、いつでも好きなだけ落とすことができるでしょう!

詳しくはこちら
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧