メール・LINEはいつ返す?焦らしによるメリット・デメリット!?

ブログ・Blog

意中の女性との。メール・LINE連絡は、返信するタイミングや内容について、ものすごく悩むものだと思います。
女性の気を引く為には、焦らすと言う事も有効な方法の1つですが、この焦らすという行為は、タイミングを間違えてしまうと、女性の気を引くどころか、女性との距離を広げてしまう様な、残念な結果となってしまいます。
今回は、女性からのメール・LINEでの連絡で、効果的な焦らし方や、返信のタイミング、それによって得られるメリット・デメリットなどについて、お話をしていきたいと思います。

まず最初に、メール・LINEの返信のタイミングについて、お話してきたいと思うのですが、あなたは、女性からメール・LINEが来た時に、どのぐらいの時間で返信をしますか?
基本的に、女性からのメール・LINEに対しての返信は、直ぐにするのがベストです。
これは内容に関係なく、女性からのメール・LINEに対して、時間を置くのは、向こうの気分も下がってしまいますし、問いかけに対しては、直ぐに返答が来た方が嬉しいというものです。

逆に、なかなか返答が来ないと、不安にもなると言うもので、特にLINEの場合などは、既読スルーなんて言うのは、最悪で絶対NGの行為です。
メールと違い、LINEの場合、既読が付いてしまうと、相手側もあなたが、内容を確認した上で返信をしてこない事が分かります。
あなたの返信を待っている間と言うのは、「何か変な事を言っただろうか?」「私に興味が無いのだろうか?」「嫌われてしまったのだろうか?」と言う様な事を考えます。
この不安感が、焦らしで求める効果なのですが、これは自らその状況を作った時に、初めて効果を発揮するものです。

焦らしに関しては、「返信をしない」と言う方法では無く、「こちらからの連絡を控える」と言う方法で行わなければいけません。
基本的に、「焦らす」と言う行為は、良いか方向に働くか、悪いか方向に働くか紙一重で、その効果の絶大さ故に、良い方向に働いた時も、悪い方向に働いた時も、極端に働くという訳です。

では、焦らしを効果的に使うには、どういったタイミングで、使用すると効果的なのか?
焦らすと言う効果を、良い方向へ働かせるためにベストなタイミングとしては、「デートの約束を取り付けた後」です。
メール・LINEで、デートに行く約束をしたら、そこから、連絡の頻度を一気に減らして、「返信はするがデートに関する事以外は連絡をしない」と言う方法です。
これによって、「デートに行くんだよね?」と相手の女性の不安感を煽り、あなたにの気持ちを確かめたいと言う気持ちを高めます。
この方法の場合、「なんで連絡減ったの?」となっても、「デートの時のお楽しみにしようと思ってて」や「会った時に話したいと思って我慢してた」などという言い訳もでき、これによって更に相手女性の気持ちを高める事も出来ます。

この様に不安感を煽る事で、相手女性は、あなたの事をより意識し出し、次第にあなたの事ばかりを考える様になります。
そのタイミングで、実際に会う事で、その不安な気持ちが解消されて、安心感となり、相手の女性は、その安心感を、あなたと居る事で、安心するという錯覚を起こし、あなたに対して安心感を覚える様になります。
これが、メール・LINEで連絡を焦らす、と言う事で得る事の出来るメリットです。

逆に方法を間違えると、この不安感が、疑心や不信感になってしまい、その疑心や不信感が、あなたに対する印象と錯覚を起こしてしまい距離を置かれる、もしくは、最悪の場合には、連絡を絶たれてしまうと言う様な結果に繋がります。
これが、メール・LINEを焦らす事によるデメリットです。

このような事にならない為にも、メール・LINEの返信は大切で、焦らすと言う行為は、タイミングや、やり方を間違えると、関係を壊しかねないものとなるので、細心の注意が必要です。

神崎雫 超恋愛塾 ~Euphoria brainwashing~

元ホストクラブオーナー神崎雫が、自身の実体験を元に生身の女性を使って様々な実験を繰り返し、
恋愛心理学、行動心理学を学び、2年の歳月をかけて完成させた「ユーフォリア ブレインウォッシュ」
90日後にはあなたも狙った女性を、いつでも好きなだけ落とすことができるでしょう!

詳しくはこちら
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧