毎日洗っているのにフケや臭いが気になる!!実は洗髪に問題があるかも!?

ブログ・Blog

「毎日ちゃんとお風呂に入って、頭を洗っているのに、フケが出たり臭いが気になる」と思っているあなた、実はそれは、洗髪に問題があるかもしれません。
頭のフケや、臭い問題は、清潔感を保つためにも大きな問題です。
今回は、洗髪に関する問題についてお話していきたいと思います。

まず最初に、前提として、フケや頭皮の臭いの問題の全てが洗髪では無いと言う事を、理解して頂いた上で、ここからの話を聞いて頂きたいと思います。
洗髪がどれだけしっかり出来ていたとしても、体質やアフターケアに問題があり、フケや臭いに繋がっている場合も、多く存在しています。
今回は、その中でも、洗髪に纏わる原因についてお話していきます。

まず前提として、あなたは、正しい洗髪の仕方を知っているでしょうか?「頭を洗う」と言う行為は、その言葉の通り「髪を洗うのでは無く、頭皮を洗う」のが目的なのです。
多くの人は、髪の毛を洗っており、頭皮を洗う事が出来ていません。
こうなってくると、頭皮に残った、皮脂や汚れが原因となって、臭いやフケが発生してしまいます。
これを防ぐためには、まず正しい洗髪方法を知る必要があります。

正しい洗髪をする為には、まず事前準備もとても大切です。
頭を洗う前には、いきなりシャンプーを使って洗うのでは無く、まず最初に、「ブラッシング」と「予洗い」が必要となります。
日中髪の毛には、肌から出た老廃物だけでは無く、ホコリなどの汚れも多く付着しています。
汚れ落ちを妨げる、このホコリなどを、まずは「ブラッシング」よって落とします。
ブラッシングによって汚れを落としたら、それから初めて、シャワーです。
ここで汚れを落としていないと、ホコリが、シャワーによって中に入り込んだり、汚れを落とす妨げとなってしまいます。

ブラッシングによって汚れを落としたら、次は、シャワーで「予洗い」です。
予洗いとは、シャンプーを使って洗う前に、シャワーによって余分な皮脂や、髪表面に着いた汚れを落とす作業となります。
予洗いは、最低5~10分が理想です。
短いと汚れが落ちきっておらず、シャンプーをした際に、シャンプーのパフォーマンスが低下して、シャンプーの効果を最大限に引き出す事が出来ません。

予洗いが終わったら、いよいよシャンプーですが、ここでの注意点は、「手の動かし方」と、「シャンプーの使用方法」です。
まずシャンプーは、手に取ってそのまま直ぐに髪に付けないと言う事です。
シャンプーに限らず、ボディーソープでもなんでも、石鹸類は、泡立てる事でその効果を発揮します。
泡立てずに直で付けてしまうと、石鹸が残ってしまう原因ともなってしまいますので、必ず手で泡立ててから使用しましょう。
そして手の動かし方ですが、爪が頭皮に当たらない様に意識をして、手の平や指の腹で、揉みだす感じで動かしていきます。
そしてシャンプーは、30秒以内が基本で、あまり長時間シャンプーをしてしまうと、必要な皮脂まで落ちて、頭皮が乾燥する原因となりますので、気を付けましょう。

そしてシャンプーは、決して残らない様に、しっかりと落としきる様に流します。
最後にコンディショナーやトリートメントを使用する場合は、決して頭皮に着かない様に、毛先だけに着ける様に気を付けて着けて、しっかりと流します。

これが、正しい洗髪方法です。
これが出来ていないと、フケや臭いの原因となってしまいます。

例えば、頭皮に爪を立ててしまうと、頭皮に傷が付いてしまい、かさぶたになったり、炎症を起こして、フケの原因となります。
予洗いをせずに、頭皮がしっかりと洗えていないと、雑菌が繁殖したり、皮脂の臭いなどが入り混じって、嫌な臭いの元となってしまいます。
コンディショナーやトリートメントも、頭皮に着けてしまうと、毛穴詰まりの原因となり、抜け毛や臭いの元となってしまいます。

この様に、洗髪を正しく行えていなければ、フケや臭いの原因を多く作ってしまう事となってしまいます。
この他にも、洗髪における原因としては、シャンプーが合っていない等も原因として考えられます。
皮脂の多い男性が、女性用のシャンプーを使っていては、皮脂がしっかりと落としきれておらず、しっかりと洗髪出来ない原因ともなってしまいます。
清潔感を保つ為にも、、正しい洗髪方法で、しっかりとフケや臭いを防ぎましょう。

神崎雫 超恋愛塾 ~Euphoria brainwashing~

元ホストクラブオーナー神崎雫が、自身の実体験を元に生身の女性を使って様々な実験を繰り返し、
恋愛心理学、行動心理学を学び、2年の歳月をかけて完成させた「ユーフォリア ブレインウォッシュ」
90日後にはあなたも狙った女性を、いつでも好きなだけ落とすことができるでしょう!

詳しくはこちら
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧