オタクはモテない?ヲタを直さないとモテる事は出来ないのか!?

ブログ・Blog

モテない男の中でも、「オタク・ヲタク」であると言う事に、コンプレックスを抱えて悩んでいる人は多いと思う。
今回は、そんな「オタク・ヲタク」はモテる事が出来ないのか?と言う事について、少しお話をしていきたいと思います。

かく言う私も、なかなか重度のオタク・ヲタクで、幼少期は、それが原因でいじめられていた。
私の場合は、マンガ・ゲームなどが中心の、アニメヲタクで、それはそれはこじらせていた為に、かつては、痛車にまで乗っていた。
しかし、そんな私がモテるのにあたって、ヲタクをやめたのか?と聞かれる事も少なく無いのですが、答えはNOです。

ヲタクである事をやめるどころか、今では、アイドルにまで興味が出て、アイドルヲタクにまでなっています。
しかし、私は、それを隠した事はありません。
趣味は、どんな趣味であっても恥じるべきものでは無いのです。

確かに少し前までは、ヲタクの世間的な立場は低く、なかなかヲタクであるとは言いづらく、生き辛い世の中だったと思います。
しかし、最近では、ヲタクの立場も確立されてきて、ずいぶんと生き易くなったと思います。

そんな中で、まだヲタクだと言うだけで、「モテない」「恥ずかしい」と思っているのであれば、それは、「ヲタクだからモテない」のではなく、「恥ずかしいと思っているからモテない」のです。

ヲタクである事自体が問題なのでは無く、あなたが好きなものに対して、胸を張って好きだと言えず、恥ずかしいと思っている事に問題があるのです。

確かに一部のヲタクの中には、人間としてのコミュニケーション能力が欠如している人もいます。
しかし、多くのヲタクがそうな訳では、ありません。
好きなものは好きと、胸を張って言えれば、共感してくれる人や、理解してくれる人がいます。
むしろ「俺はこれが好きだ」と言える事に対して、尊敬や羨ましいと思う人さえいます。

ヲタクである事を、本人が恥ずかしいと思っているから、恥ずかしい事なんだと思われてしまい、周りで見ている人たちも恥ずかしい事なんだと思うのです。
それは偏見でしかないのですが、その偏見を作っているのもまた自分達ヲタク自身なのです。
ではヲタクの著名人たちが、ヲタクであると言う事で、世間から迫害されているでしょうか?そんな事はありませんよね。
つまり、あなたが、モテていないのであれば、それは「ヲタクである」と言う事が原因なのでは無く、あなた自身に何かモテない原因があり、「ヲタクだからモテない」は言い訳でしかないと言う事なのです。

ヲタクの中にも様々な人がいます。
しかし、ヲタクである事を恥ずかしがっている様な人は、そのヲタクからも相手をされなくなってしまいます。
ヲタクである自分が恥ずかしいと言うのは、直接口にして言葉にしていないかもしれませんが、周りの同じヲタクである人達の事もバカにしているのです。

同じ趣味なのに、恥ずかしいと言われてしまったら、自分も恥ずかしいと言われていると思いますよね。
あなたが、自分の趣味を恥ずかしいと言う事は、そういう事なのです。
ヲタクであると言う事は、マイナス要素では無く、何か一つ特化した趣味を持っているという、自身を持って良いポイントなのです。

それを笑う様な、自らの感覚と価値観でしか生きられず、新しい事に目を向けられない様な人間は、しょせんその程度と言う事です。
正直相手にする必要がありません。
そんな女性にモテた所で、さきはありませんし、必要ないのです。

ヲタクは、ヲタクなりに勝負をすればいいだけです。
無理をする必要もありません。
自分なりの努力をして、女性と接する方法さえ押さえておけば、ヲタクであったとしても、女性にモテたり、女性を落とす事は出来ます。
むしろヲタクで、何かに特化する能力を持っているあなたは、その情熱を、少し恋愛や女性に向けるだけで、人の何倍も凄い結果を出す事が出来ます。

ヲタクである事に恥ずかしさを感じているのであれば、今すぐヲタクをやめる事をおすすめしますが、そうで無いのであれば、あなたは、モテるヲタクになる事が出来る素質を持った人で、これから先努力次第では、人の何倍もモテる事が出来る、男になる事が出来るでしょう。

極・オタク恋愛秘伝の書

自分の人生なのにいつまでもモブキャラのままで誰にも見向きもされない「このままでいい」そんな諦めから脱却し、本当の自分の人生を歩んでみませんか?
この教材はオタクのために作られたオタク専用恋愛情報です。45日間の新生活で非モテオタクからヤリチン超モテオタクにジョブチェンできます!!

詳しくはこちら
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧