女性を喜ばせる事の出来るデート術 ~カラオケ編~

ブログ・Blog

女性とデートの約束をしたけれど、「実際どこに行けば良いかわからない」「どうすれば良いかわからない」と言うあなたの為に、今回は、『カラオケ』におけるデートの、対処法と攻略法・注意点などについてお話して行きましょう。

【個室という事を意識し過ぎないよう】

まず最初に、女性とのカラオケという状況で、あなたは、何を思い浮かべますか?
多くの男性は、女性と狭い個室の中で、2人きりと言う状況を意識してしまう人が多いです。
しかし、2人きりという状況を意識し過ぎて、ぎこちなくなってしまったり、急に雰囲気を作ろうとしては、女性も違和感を感じ、警戒されてしまいます。

ではどうすれば良いのか?
個室で2人きりという状況を、変に意識する事はありません。
基本的に、カラオケに行くのに、そこまで意気込んでくる女性もいませんし、女性にとってもカラオケとは、軽めのものとなっています。
更に、カラオケと言うと軽い感じはしますが、個室で2人きりと言う状況になるとわかっているのに、2人きりでカラオケに行っている段階で、相手の女性は、決してあなたの事を嫌ってはいません。

必要以上にベタベタと触れたりしない限りは、多少触れたりしたぐらいで、いきなり『キモイ』なんて事になる事は、ほとんどありません。
逆に意識しすぎている方が『キモイ』なんて事になりかねないのであまり意思せず普通に好意がある事は出ても構いませんがなるべく普通に接しましょう。

【立ち位置と距離感は重要】

次に、座る時の距離感や、座る位置は大切です。
基本的に、先に女性を座らせてあげる方が良いのですが、手前に自分が座ってしまって女性を閉じ込める様な形になるのは、あまり好ましくありません。
カップルであれば、隣に座るのもありですが、付き合っていない場合は、最初から距離を詰め過ぎると警戒されてしまうので、人1~2人分開けて座りましょう。
更に女性よりも、入り口・内線の近くに座り、ドリンクの注文や、注文した物の受け渡しなど、率先してしてあげた方がより良いです。

【先に歌う?後で歌う?】

気の知れている間柄であれば、特に気にする程の事でもありませんが、初めてのデートなどで、まだお互いに距離感がつかめていない状況などでは、1番最初の曲をどちらが歌うかというのは、大きな問題です。
先ずは、女性に「どうぞ」と言って、機器を差し出してあげる方が良いです。
ノリが良く、ガンガン歌いたい女性であれば、そのまま先に歌ってくれるでしょうし、「先に歌いなよ」と勧められた時は、1番最初に歌うのを、嫌がっている場合が多いので、先に曲を入れて歌ってあげた方が良いです。

【選曲はどうする?】

次に選曲についてです。
基本的には、女性にもわかる「流行曲」「パーティーソング」「懐メロ」が好ましいです。
逆に、「ラブソング」「洋楽」「アニソン」などはNGの、歌ってはいけない選曲となっています。

女性とのカラオケでの選曲については、詳しくは、こちらをチェックしてみて下さい。
≪カラオケデートで女性がしらけてしまう絶対NGな3つの選曲!?≫

【共通の盛り上がる曲などで一気に距離を詰める!?】

カラオケも盛り上がって来た辺りで、相手の女性と、共通の「アーティスト」・「曲」などを探しましょう。
共通の話題になったところで、「これは知ってる?」と聞くもしくは、聞かれたタイミングで、さりげなく隣に座り、そのままグッと距離を近づけましょう。
また「デュエット曲」なども、2人の距離を近づけるには、良いですが、女性の分からないデュエット曲は、寒い結果を生むので、注意は必要です。

【注意点】

狭い密室に2人きりだからこそ、空調やドリンクは、気をつけてあげる必要があります。
空調の温度が高いと、汗ばんだりして女性は、臭わないかなど、気になってしまいますし、男性に比べて女性は、冷え症の人が多いので、冷房の効きすぎにも注意が必要なので、空調の温度は気をつける必要があります。
ドリンクも女性が、「ドリンク頼んでいい?」となる前に、気を使ってちゃんと注文してあげましょう。
そう言った細かい気遣いさえできていれば問題ないと思いますが、こちらも参考にしてみて頂ければと思います。
≪カラオケで女性に嫌われる絶対にやってはいけない4つのNG行為!?≫

神崎雫 超恋愛塾 ~Euphoria brainwashing~

元ホストクラブオーナー神崎雫が、自身の実体験を元に生身の女性を使って様々な実験を繰り返し、
恋愛心理学、行動心理学を学び、2年の歳月をかけて完成させた「ユーフォリア ブレインウォッシュ」
90日後にはあなたも狙った女性を、いつでも好きなだけ落とすことができるでしょう!

詳しくはこちら
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧