キャバクラやガールズバーに出来るだけ安くで遊びに行く方法!!≪前編≫~タイミング~

ブログ・Blog

キャバクラやガールズバーなどで、夜遊びをする人達も、「ホステスを口説き落としたい人」と「みんなでわいわい騒いで楽しみたい人」がいると思います。
前者の「ホステスを口説きたい」と思っている方は、【たった3万円でキャバ嬢を口説き落とす方法!?】や、無料メルマガ「人生を変える7日間のモテ講座」に登録して頂いた方にプレゼントしている、【たった3万円でキャバ嬢を落とす方法】を、参考にして頂ければと思います。

後者の、「みんなでわいわい騒いで楽しみたい」と言う様な方々は、とにかく安くお店に入れるに越した事は無いですよね。
今回は、そんな方々の為に、マル秘夜遊びキャッチ交渉術を、お教えしたいと思います。

先ず最初に、この方法は、極力安くする事が出来ますが、値段的な面を優先した交渉方法なので、その分サービス内容や、ホステスの女の子の、質が下がったりする可能性がありますので、ご注意ください。

キャバクラやガールズバーを最安で楽しむ為には、先ず欠かせないのは、キャッチとの交渉、っと思うかもしれませんが、先ずは交渉出来るステージに上らなければいけないのです。
週末や、給料日後などは、平均的に懐事情も良く財布の中身もそこそこあったかい為、多くの人が繁華街などに遊びに来ています。

その為、週末や給料日周辺と言うのは、繁華街に人があふれており、またキャバクラなどのお店も、お客さんが多いので、値段を叩かれてまでお客さんを入れる必要が無い場合があります。
こういった時は、店の上位役職が、値引き客は一切入れるなと言う事もあります。
そんな時に、「値下げしてくれ」と言ったところで、軽くあしらわれてしまうのは目に見えていますよね。
特に、繁忙期となってくる年末やGW・正月などは、まず値引き交渉にのってきてくれるキャッチは、ほとんどいません。
その為、安く飲みたいと思うのならば、この周辺は出来るだけ外した方が良いですし、年末年始などは、「年末料金」なるものがあり、どこの店も、値引きどころか、値上げしています。
地域によって誤差はありますが、主要繁華街などは、11月末辺りから既に年末料金になっている所も多いです。
この周辺にもし飲みに行くのであれば、通常料金からそれ以上は、覚悟した方が良いでしょう。

ではどういった時が安いのか、時期的な話をすると、閑散期だと言われている、1月~3月頭ぐらいまでは、繁華街に人も少なく、比較的に値段が下がりやすい傾向にあります。
地域によっては、独特の下がりやすい日と言うものがあり、京都などでは「祇園祭」の日は、基本的にお店が暇になりやすいので、比較的安く入店できる傾向にあります。

また、1ヶ月単位で言うと、1・5・20・25日の5飛びと言われる日は、給料日の人が多く、この周辺は、繁華街も比較的にぎわう事が多く、値段が下がりにくい事が多く、ねらい目は月中の15日周辺となります。
月中の15日は、給料日の人も少なく、月中になってきて、給料を使い切った人・給料日前の人も多くなってくるので、比較的暇な日が多く、値段も下がりやすくなっています。

週単位で言うと、もちろん週末はにぎわいやすく、基本的に狙い目は、週中「火・水・木」曜日となっています。
月曜日は、意外と休みの人も多く、また休んでいる店も多い傾向にあるので、値段が下がりにくいです。

この他にも、天気も一つの要素として関わってきます。
雨の日は、人も少なくなりやすいのですが、その日が雨かどうか、シフトを組んでいる段階ではわからないので、繁華街を歩いてる人や店にいる客が少ない割に、キャバ嬢などのホステスの出勤数は多く、値段を下げてでもお客さんを入れないと、という状況に陥っている場合もあるので、ふつうの日に比べて比較的値段は下がりやすいです。

今回は少し長くなりそうなので、前後編に分けさせて頂こうと思うので、先ずは、時期や時間などのタイミングについての説明が終わったこの辺りで、終わろうと思います。
続きの「交渉の仕方・駆け引き」に関しては次の記事を見て頂けたらと思います。

神崎雫 超恋愛塾 ~Euphoria brainwashing~

元ホストクラブオーナー神崎雫が、自身の実体験を元に生身の女性を使って様々な実験を繰り返し、
恋愛心理学、行動心理学を学び、2年の歳月をかけて完成させた「ユーフォリア ブレインウォッシュ」
90日後にはあなたも狙った女性を、いつでも好きなだけ落とすことができるでしょう!

詳しくはこちら
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧