好きな色でSEXがどれぐらい好きかわかってしまう心理テスト

ブログ・Blog

今回の心理テストは、相手に何の色が好きか聞くだけで、どれぐらいSEXが好きかということがわかる、心理テストとなっている。
この心理テストを活用することで、相手がどれぐらいSEXが好きなのか?ということが、簡単に分かるので、ワンナイトラブを狙っている・ナンパ相手や、その日そのままお持ち帰りしようと考えている女性などが、どれぐらいSEX好きで、どれぐらい引っかかりやすいか?ということが簡単にわかるので、是非とも実行に移してもらいたい。

【心理テスト質問内容】

あなたは、バッグやハンカチなど、身につける小物にどんな色を選ぶことが多いでしょうか?次の色の中から選んでください。

1.赤

2.青

3.緑

4.黄

5.ピンク

6.黒

7.オレンジ

8.白

【この心理テストによってわかる事】

この心理テストは、色彩心理学を応用したテストとなっており、相手が普段から身に付けている小物、ネクタイ・バッグ・ハンカチ・スカーフ・帽子などの色から、相手の好みの色を探り、その色から性格や思考を判別する、色彩心理学に基づく心理テストです。
この回答では、好色度、つまりどれぐらいSEXが好きかということだけではなく、様々なことが分かるのですが、今回は好色度についてお話をしていきます。

【心理テストの結果】

今回の心理テストに関する、各結果は以下の通り。

1.『赤』を選んだあなたは、エネルギッシュな性エネルギーを持つ傾向が強い。
基本的に、決断を早く結果を先行して求める傾向がある。
合コンやナンパにおいては、無類の強さを発揮する大胆さを持ち合わせている。
SEXに関してもわかりやすいプレーを好み、変則的なプレーはあまり行わない。
エネルギッシュなSEXをする反面、持続力には少し難がある傾向にあり、回数をこなすのは苦手、分かりやすく単発的に、エネルギッシュなわかりやすいSEXをするのが特徴。
回答者が女性の場合は、そこまで問題がない場合が多いが、男性に限っては淡白なプレイで女性が満足できず、男性のみが満足して終わってしまうことも多いので、注意が必要。

2.『青』を選んだあなたは、落ち着きを求めるタイプ。
犯罪心理学などでもよく言われている、「照明を赤から青に変えるだけで犯罪が減る」という事例などでも代表されるように、青色というのは寒色で、人間にリラックス・鎮静作用をもたらす色とされている。
このような色を好む人は、結果としてエネルギッシュでアグレッシブなSEXよりも雰囲気やムードを大切にする、しっとりとしたSEXを好む傾向がある。
色んな相手とSEXをするよりも、特定のパートナーとじっとりねっとりとしたSEXを行うことを好む。
相手もそういったSEXを求めているのであれば、問題はないが、赤色のようなタイプの相手とSEXをする場合には、相手は単発的かつエネルギッシュなSEXを求めているので、反発しなかなか上手くいかない。
回答者が男性の場合は、女性が求めている満足のいくSEXをできることも多く、特に問題がない場合が多いが、女性が回答者の場合、欲望に向かって盛り上がってしまい、理性が効かなくなっている男性に対し、じっとりねっとりしたSEXを求めていると、面倒臭い・鬱陶しいという印象を与えてしまい、上手くいかないことも多い。
回答者としては、女性が多い傾向にある。

3.『緑』を選んだあなたは、忍耐力があり、何かをやり遂げることに強い快感を抱くタイプ。
長い時間をかけて、高嶺の花を落とすことなどに快感を覚えるが、礼儀など細かい部分にうるさく、先輩後輩・上司部下などといった上下関係にもうるさい、またマナーやこだわりも強く、そういった部分にズレが生じていると、相手に強要することも多く、パワハラの原因などにもなる場合が多い。
こういった部分が、SEXのプレイにも反映することが多く、主導権を握りろうとする傾向が強く、こだわりも強い。
この、こだわりの部分がずれると、なかなか上手くいかない傾向にあり、SEX以外の部分では、パワハラ・モラハラなどになる人間も多いので、要注意である解答。

4.『黄』を選んだあなたは、イマジネーションに富んでおり、型にはまることなく、貪欲に新しいプレーのSEXや、パートナーを求め続けるタイプ。
マニアックなプレイにも興味はあり、経験のないプレーには貪欲に興味を持つ。
パートナーが、その欲求に応えられない場合、その欲求に応えてくれるパートナーを求めてしまう傾向も強く、少し浮気癖がある可能性も高い。
その一方、シャイな一面もあり、自分から、実際に行いたいプレーなど、性的嗜好を口に出せない部分も持っている。
表面的には普通のH・SEX好き、普通のSEXプレイが好きということを装っているのだが、実はかなりの好き者。
要はむっつりスケベなので、リードしてあげられるパートナーでないと、不満が爆発して新しいパートナーに移ってしまうかもしれない。

5.『ピンク』を選んだあなたは、色の印象から、好き者と思われる可能性が高いが、ピンクが好きという人は、性的に未成熟だったり、過去の経験から傷を負ったりしていることが多く、トラウマを持っている可能性が高い。SEXに対して精神的癒しを求めている傾向も強く、そういった部分を埋めることができなければ、関係の継続は難しい反面、1度心を許した相手に対しては、何でも応じてしまうような傾向もあり、相手への要求を飲み込んで包み込むような、ソフトタッチのプレーが好きな傾向にある。

6.『黒』を選んだ選んだ人は、とにかく人とは違った個性的なSEXを求める傾向にあるタイプ。
しかし、人前で性について語ることは好まず、性的嗜好を口に出すのは好きではない。
素の自分の考えをさらけ出すのは、ベッドの上だけで、SEXの時にしか口に出さないので、いざベッドインしてから驚く場合も多い。
他人から指示されることを嫌い、言葉責めや焦らしプレイとも相性が悪い。
この性質からMであることは少なく、基本的にはS。
自分の求めているプレーを許容し、飲み込んでくれる相手とでなければ上手くいきにくい部分を持っている。

7.『オレンジ』を選んだ人は、赤の次にアグレッシブで、エネルギッシュなプレーを好むタイプ。
基本的には前のめりで、異性に突き進む傾向が強いが、赤と違うのは、放出的なSEXを好む傾向にあるという部分。
自分本位で自分のやりたいプレーをする、セックス好きの赤とは違い、相手の気持ちがいい、性感帯を探りだして、相手を満足させる事に、快感を覚えるタイプ。
サービス精神も兼ね備えているので、ある程度SEXに対して前のめりなタイプ同士であれば、赤以上に相性もよく、相手のことも思いやれるという部分があるため、夜の営みに関しては、うまくいきやすい。

8.『白』を選んだ人は、色の印象からいうと、清潔感の象徴なのだが、性に関しては、事務的で冷たい要素を持っている色。
SEXに関しては、無難なプレーを何よりも好み、相手に好かれるプレーよりも、相手に嫌われないプレーというのを、意識してしまう傾向。
青などのような、寒色系の思考を持った人間や、相手に対しての奉仕性が高いタイプの色とはSEXが上手くいくが、赤やオレンジのような暖色系の、エネルギッシュなタイプとは相性が悪い。
相手に応じた臨機応変なSEXは苦手で、単位のバリエーションなども少なめ。
性に対して興味の強い相手とは、SEXが原因で破局を迎える場合も多いので、注意が必要。

神崎雫の動画は基本的に2日に1度更新されています。今直ぐチャンネル登録をして、女性にモテる恋愛テクニックをチェック!!

極・オタク恋愛秘伝の書

自分の人生なのにいつまでもモブキャラのままで誰にも見向きもされない「このままでいい」そんな諦めから脱却し、本当の自分の人生を歩んでみませんか?
この教材はオタクのために作られたオタク専用恋愛情報です。45日間の新生活で非モテオタクからヤリチン超モテオタクにジョブチェンできます!!

詳しくはこちら
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧