女性とSEXがしたいなら花火大会に誘え!!

ブログ・Blog

約400人の20~30代の女性を中心に行われた、とあるマーケティングの調査による、驚愕の調査結果がある。
それが『女性の6割が花火大会の後にSEXを期待している』というものだ。
この情報は、世の中の男性にとっては、驚きの新事実なのでは無いだろうか。

では何故、花火大会ではSEXへの欲求が高まったリ、SEXを期待してしまうのか、これには、心理学的な要因や生物学的な要因が存在するので、今回は、そのあたりの話をしていこう。

【心理学的に花火は興奮しやすい】

心理学的な観点から見ても花火大会というのは、興奮度が増し、性的欲求が高まると言うことがわかる。
『女性の6割が花火大会の後にSEXを期待している』と言うのは、マーケティングの調査によって出たデータであるが、花火大会で性的欲求が高まる事は、心理学的には花火大会の環境によって引き起こっている。

これがどう言うことかと言うと、花火大会と言う環境では、基本的にあたりが薄暗く、暗い中に見をおいている事で、不安感が高まる。
これによって、この不安感を押さえるために、人の脳は、興奮・欲求の素となる、様々な快楽系ホルモンが普段よりも多く分泌される。
更に、この不安感が高まっている状況で花火が打ち上がり、一時的に辺りが明るくなることで、不安感から開放され、この開放感から更に快楽系のホルモンが大量に分泌される。
この一連の流れから、大量の快楽系ホルモンが分泌され、興奮度が高まり性的欲求が高まる。

更に、花火の一瞬で消えていく儚げな様子と、一瞬明るくなったところで直ぐにまた暗くなってしまうと言う不安と開放による、喪失感や空虚感から、以前に『失恋直後の女性が落ちやすいは心理学で説明がつく』でも話した様に、「人は、喪失感や空虚感を感じた時に、その空虚感や喪失感を埋めようと、必死になる」のだが、これによって、喪失感・空虚感を埋めるために、異性を求める様になり、SEXを期待してしまうのである。

この様に、心理学・脳心理学の観点から見ても、花火大会の後というのは、興奮度が増し性的欲求が高まるのだ。

【生物学的にもSEX対する性的欲求が高まる】

心理学・脳心理学の観点から見ても花火大会では、興奮度が増し性的欲求が高まると言うことがわかるが、生物学の観点から見ても、花火大会と言うのは、性的欲求が高まり、SEXに対する欲求が増すのだ。
生物学的には、花火の一瞬の儚さから感じる、儚さ・切なさに共感してしまう事で、生存本能が掻き立てられて、本能的に子孫繁栄の部分が刺激され、「子孫を残して命を次に繋げようと」する本能が働き、無性に『SEXしたい』と言う衝動に駆られるのだ。

これは、心理的な話しや脳科学などの類の話しでは無く、人間の生物としての本能の部分で、遺伝子レベルで体に刻み込まれているものである。
どんな生物であったとしても、生存本能の部分で、子孫繁栄の本能を持っており、この本能に訴えかけて、性的欲求がを高めるこの方法は、女性とSEXをするには、最強に有効な方法。
花火大会というのは、それほどまでにSEXに対する、性的欲求を高めてくれるのだ。

【その他のデータから見るSEXがOKな女の特徴】

最初に言った『女性の6割が花火大会の後にSEXを期待している』と言う様に、この調査の結果では、その他の部分のデータも多く出ている。

例えば、同時に調査されたもので、「花火大会に浴衣を着て行く女性」の割合は5割なのだが、1人で浴衣を着れない女性というのは、なんと53%もいる。
この結果、「花火大会の後SEXをして浴衣が着れなくて困った」と言う経験をしている女性が、多く存在している。
浴衣が着れずに困ったと言う経験もあってか、花火大会に浴衣では無く、普段着で行く女性の25%が、「花火大会の後にSEXをした経験がある」と答えている。

この様な結果から、花火大会に女性を誘い、花火大会に行くことになった時に、浴衣を持っているにも関わらず、普段着で来ている女性は、高確率で、その後のSEXに期待していると言うことがわかる。
更に言えば「浴衣あるなら着てきなよ」と言ったにも関わらず、「ん~でもな~」と言った感じに渋る素振りを見せて、浴衣を持っているにも関わらず、浴衣では無く普段着を着て来た女性は、ほぼ間違いなく、花火大会の後、あなたとのSEXを期待しているだろう。

神崎雫 超恋愛塾 ~Euphoria brainwashing~

元ホストクラブオーナー神崎雫が、自身の実体験を元に生身の女性を使って様々な実験を繰り返し、
恋愛心理学、行動心理学を学び、2年の歳月をかけて完成させた「ユーフォリア ブレインウォッシュ」
90日後にはあなたも狙った女性を、いつでも好きなだけ落とすことができるでしょう!

詳しくはこちら
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧